小学生に防犯ブザーは必要不可欠!選び方のポイントも

小学生に防犯ブザーは必要不可欠 子育て
子育て

子供が小学生になると、登下校などで大人の目が離れる時間が増えてきます。事故など様々なトラブルが起こる可能性がありますが、その中でも心配なのは不審者に遭遇してしまうこと。そんな時、不審者をひるませる、誰かに助けを求めるために役立つのが「防犯ブザー」

最近では入学準備の段階で、防犯ブザーの購入が必須な学校もあります。わが子が通う小学校でも、必ず用意してくださいと言われました。小学生の子供を不審者やトラブルから守るためには、防犯ブザーは必要不可欠なんです。

 

スポンサードサーチ

防犯ブザーが必要な場面

防犯ブザーなんてなくても、大声で叫べば大丈夫!と、私が子供のころは思っていました。実際に防犯ブザーを持っていても、とっさの時にはやっぱり声のほうが先にでるし…と。

しかしいざ自分が大人になり、子供ができると、大声を出せば助かるというような状況ばかりではないことに気付きました。

怖くて声が出ない時

本当の非常事態に陥った時、声を出したくても出せないということはよくあります。特に気の弱い子や、もともと声の小さい子などは、たとえ声を出しても周りに気付かれにくいことも考えられますよね。逃げたくても体がすくんでしまっているという状態でも、防犯ブザーを鳴らすだけならできるはずです。

口をふさがれた時

正面切って不審者が来れば気付くことができますが、もしも後ろからこっそりと近づいてきて、いきなり口をふさがれてしまったら。大声なんて出せるはずもありません。

周りが騒がしい時

例えば工事現場が近いだとか、近くでイベントをやっていて放送や人の声がザワザワしている場所であれば、少しくらい大きな声を出しても、周りに気付いてもらえないこともあります。防犯ブザーの音は大音量で、かつ人の注意をひきやすい音であることが多いため、気づいてもらえる可能性が高くなります。

事故などのトラブル時

あまり人が通らないような場所で使われていない井戸の中に落ちてしまった場合や、地震でガレキの隙間に閉じ込められてしまった場合など、声だけで助けを求め続けるのは困難です。防犯ブザーの音は声よりも聞き取りやすいですし、万が一、ケガなどで声が出せないような状況でも、助けを求めることができます。

 

防犯ブザーの必要性「抑止効果」

防犯ブザーには、そもそも子供に不審者を近づけさせない「抑止効果」も期待できます。防犯ブザーをつけていると「防犯対策をしっかりしている」というアピールになりますよね。しかも不審者も防犯ブザーを鳴らされると困るわけですから、防犯ブザーを持っているとわかっている子供には、そうやすやすと近づかないでしょう。

 

スポンサードサーチ

防犯ブザーをつける場所

防犯ブザーをつける場所のポイントは、次の2点です。

・防犯ブザーをつけていることがわかりやすい場所
・子供が操作しやすい場所

この2点をばっちり押さえているのが、ランドセルのショルダーベルト

ランドセルの防犯ブザー

最近はほとんどのランドセルのショルダーベルトに、Dカンというキーホルダー等を付けられる金具が設置されています。ただし中にはショルダーベルトにDカンのついていないランドセルもあるため、Dカンがついているものを選ぶのがおすすめ。

さらに言えば、左右どちらかのベルトだけではなく、両方のベルトにDカンがついているものが特におすすめです。これなら右利き・左利きどちらでも、使いいやすいほうに防犯ブザーを取り付けることができるからです。

 

防犯ブザー選びのポイント

一言で防犯ブザーといっても、種類は多種多様です。選ぶポイントはいくつかあるので、使い勝手や子供の性格なども考慮したうえで、選ぶようにしてください。

防水性能

防犯ブザーは雨に濡れやすいため、ある程度の防水機能の付いたものがおすすめです。

例えばこの防犯ブザーは、防水・防塵等級がIP67。IP67は「粉塵が内部に侵入しない・一定の水圧で30分間水中につけても影響がない」レベルとなっているため、ちょっと雨に濡れたり、水たまりに落としたりしても平気です。

堅牢性

子供の性格によっては扱いが荒く、すぐに壊れてしまうことがあります。(わが子も、まだ購入して1年たっていないのに、3度金具が壊れ、そのうち2回は地面に落下して本体は傷だらけ。最終的には金具をつけるプラスチック部分が割れてしまいました…。)

いざというときに壊れて音が鳴らないと困るので、耐衝撃性の強いタイプも候補に入れておきましょう。

堅牢性に関しては、防水性能のように等級による数値化などはされていませんが、「耐衝撃」「丈夫」などのキーワードがあるかどうかが一つの目安です。

鳴らしやすさ

防犯ブザーはものによって紐を引っ張って鳴らすタイプ、ボタンを押している間だけ鳴るタイプ、ピンを抜くタイプなど、音を鳴らす方法が異なります。子供に合った操作方法のものを選びましょう。

音の大きさ

おすすめなのは、できるだけ音の大きな防犯ブザー。防犯ブザーの音の大きさは75~100dbのものが多いですが、70~80台だと「パチンコ店内」「走行中の電車」「セミの鳴き声(直近)」レベルなので、大きいのは大きいですが、周囲が騒がしいと聞こえづらい可能性もあります。

例えばこの防犯ブザーは、音の大きさが140db。 騒音レベルで言えば「会話が不可能」「飛行機のエンジンの近く」「近くの落雷」以上の爆音なので、まずどんな状況でも聞こえないということはないでしょう。

ただしあまりに爆音すぎると誤って鳴らしてしまった時が大変なので、その辺は周囲の環境なども考慮しながら選んでください。(実際に我が子も、登校中に友達に引っかかったり、教室でストラップを踏んでしまったりして、誤って鳴らしてしまったことが何回かあるらしい…。)

デザイン

学校によってはキャラものや派手なものは禁止されていることがあります。また、一見して防犯ブザーとわかりにくいデザインのもの(キーホールダーにしか見えないもの)は、抑止効果が期待できなくなる可能性があるため、ぱっと見で防犯ブザーだとわかるデザインがおすすめです。

例えばこれとかすごくかわいいですけど、全く防犯ブザーには見えないですよね。こういうデザインのものは、子供よりも大人の女性向けかと思います。

ただし子供が「ダサいのはつけたくない」となってしまっては本末転倒なので、先にある程度よさそうなデザインをピックアップしておいて、後はお子さんと一緒に選びましょう。

我が家の防犯ブザー

最後に我が子が使っている防犯ブザーも紹介しておきます。その名も「あんしんてんとうくん」。

 防水等級はIPX5(ある程度の噴流に耐えるレベル)、音量は94dbとまずまずの性能。デザインは高学年だとちょっと厳しいですが、まだ低学年の現在は「かわいい」と喜んで使っています。「ボタンを押す」「フックを引っ張る」のどちらでも音が鳴るため、とっさの時でも鳴らしやすそうです。価格が安いのもうれしいポイント。

ただ少し難があるとすれば、堅牢性。すこし前述しましたが、金具が取れてしまったり、背中の模様部分のプラスチックが取れてしまったり、金具をつける部分が割れてしまったり。

小学生に防犯ブザーは必要不可欠

我が子はけっこう物の扱いが荒いほうなので、そうでないお子さんなら問題ないレベルかもしれません。

 

スポンサードサーチ

小学生に防犯ブザーは必要か?のまとめ

防犯ブザーを使わずに終わるのが一番良いのですが、やはり何かあった時、防犯ブザーは必ず役に立ちます。特に小学生ではとっさに逃げたり、声で助けを求めたりするのが難しいことも大いに考えられるため、防犯ブザーは必要です。もしも学校から指示がなくても、個人的には小学生の必需品だと思います。

そして万が一の時にしっかりと防犯ブザーを使えるように、購入後は何度か鳴らす練習をしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました