カフェオレとカフェラテの違い

カフェオレ,カフェラテ,違い 食べ物雑学
食べ物雑学

「カフェオレ」「カフェラテ」、どちらもミルクたっぷりのコーヒー飲料ですが、どう違うのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

えりこ
えりこ

私もミルク入りのコーヒーは大好きなんですけど、カフェオレとカフェラテの違いはいまいちわからないんで、いつも適当に選んじゃいます…。

食田マキコ
食田マキコ

カフェオレとカフェラテは、使われているコーヒーやミルクの量に違いがあるのよ。

食田マキコ

この違いを知っていれば、よりその時の気分にピッタリ合うほうを選べるようになるわよ。

 

スポンサードサーチ

カフェオレとカフェラテの違い

食田マキコ

じつはカフェオレとカフェラテって、生まれた国からして違うのよ。

えりこ

なんかカフェオレは、スペインって感じがしますね。

食田マキコ

…それって、フラメンコの「Ole!」っていう掛け声に似てるからってだけでしょう…。

食田マキコ

そうじゃなくて、カフェオレはフランス生まれ、カフェラテはイタリア生まれなの。

 

カフェオレ

「カフェ」というのは、言わずと知れたコーヒーのこと。

そしてカフェオレの「レ」はフランス語で牛乳(ミルク)を意味しており、「オ・レ」で「牛乳入りの」という意味になります。

 

食田マキコ

つまり、カフェオレというのは「牛乳入りコーヒー」という意味ね。

えりこ

そのまんまですね。

食田マキコ

ただしここで言うコーヒーというのは、「ドリップコーヒー」のことよ。

えりこ

え~っと…ドリップコーヒーって、どんなコーヒーでしたっけ?

食田マキコ

ドリップコーヒーは、コーヒー豆を挽いた粉にお湯をかけて、お湯の重さで豆の成分を抽出するコーヒーのことよ。

 

コーヒーフィルターをセットして粉を入れ、そこにお湯を注ぎこんで抽出するスタイルのドリップコーヒー。

一般家庭でも手軽に作ることができるこのドリップコーヒーに、1:1の割合でミルクを注いだものが、カフェオレなのです。

 

食田マキコ

カフェオレは、カフェラテに比べると家でも手軽に作れるから、フランスでは毎朝欠かさずカフェオレを飲むという人も多いそうよ。

 

カフェラテ

カフェラテの「カフェ」も、やはりコーヒーのこと。

そして「ラテ」というのは、イタリア語で牛乳を意味する「ラッテ」から来ています。

 

えりこ

ってことは、カフェラテも直訳すれば、カフェオレと同じく「牛乳入りコーヒー」ってことですか?

食田マキコ

その通りよ。

だけどカフェラテの場合、使われているコーヒーは、ドリップコーヒーではなくて「エスプレッソ」なの。

えりこ

エスプレッソって、なんだか濃くて苦いコーヒーですよね。

食田マキコ

エスプレッソは専用のマシンを使って、強い圧力と蒸気によって、短時間で成分を抽出するからね。

 

専用のエスプレッソマシンを使い、強い圧力と蒸気で抽出されたエスプレッソは、ドリップコーヒーに比べて味が濃厚。

そのため、ミルク8:エスプレッソ2ほどの割合で使われます。

 

えりこ

こうしてカフェオレとカフェラテの違いを知ったうえで思い返してみると、確かにカフェオレはすっきりゴクゴク飲めて、カフェラテは濃厚でゆっくりまったり飲めるって感じがします。

 

スポンサードサーチ

「カプチーノ」「マキアート」「カフェモカ」との違い

えりこ

カフェオレとカフェラテ以外にも、「コーヒー+ミルク」って組み合わせの飲み物って色々ありますよね。

えりこ

カプチーノとか、マキアートとか、カフェモカとか…ややこしすぎません?

食田マキコ

確かにややこしいけれど、どれも同じように見えて、はっきりとした違いがあるのよ。

 

カプチーノ

エスプレッソとミルクという組み合わせで作られる飲み物には、「カプチーノ」もあります。

カプチーノもカフェラテと同様、エスプレッソを使うのですが、違うのはミルク。

カフェラテの場合は単に温めたミルクを注ぎますが、カプチーノの場合は温めたミルクに加えて、泡立てた「フォームミルク(フォームドミルク)」が使われるのが特徴。

 

えりこ

カプチーノは、なんで「カフェ○○」みたいな名前じゃないんでしょうね?

カプチーノってなんて意味なんですか?

食田マキコ

カプチーノという名前は、カトリックの派閥の一つで使われている修道服「カップッチョ」にちなんでつけられたと言われているわ。

食田マキコ

カプチーノの色が修道服と似ているからとか、白い泡が沈む様子が修道士の髪形と似ていたからとか、理由は諸説あるけどね。

 

マキアート

「マキアート」というのは、エスプレッソに少量のフォームミルクを加えたもの

ミルクの量は店によって様々ですが、基本はエスプレッソにスプーン1杯ほどしか加えません。

カフェオレやカフェラテ、カプチーノなどに比べるとミルク感が少なく、よりコーヒーの味が際立っているのが特徴です。

 

食田マキコ

ちなみに、マキアートというのは、イタリア語で「染みついた」という意味の言葉よ。

えりこ

すごくオシャレな響きなのに、「染みついた」って…なんか意外ですね。

食田マキコ

エスプレッソに入れたミルクが染みのように見えるから、そう呼ぶらしいわ。

 

カフェモカ

「カフェモカ」は、エスプレッソとミルクにチョコレートシロップを加えた飲み物です。

カフェモカの「モカ」は、カカオに似た風味のある「モカコーヒー」のことを指しており、チョコレートシロップを入れることで、モカコーヒーの風味に似せている、ということですね。

 

食田マキコ

家にチョコレートシロップがない場合は、ココアで代用することもできるわよ。

 

スポンサードサーチ

まとめ

カフェオレとカフェラテ、名前も作り方もよく似ていますが、実際に飲み比べてみると、その違いが分かりやすいです。

家ではホッと優しいカフェオレ、外ではちょっと大人なカフェラテ、なんて飲み分けるのもおすすめですね。

 

えりこ

家庭用のエスプレッソマシン、買ってみようかな?

食田マキコ

あら?

確かあなたちょっと前に、エスプレッソマシン買ったって言ってなかったかしら?

えりこ

いや~、じつはちょっと使い方を間違えて、1杯も飲むことなく、壊れちゃったんですよね。

食田マキコ

…あなたはおとなしくお店で飲む方が、きっと安くつくわよ。

 

スポンサーリンク
lifemaをフォローする
とりびあライフ ~生活に+αの雑学を~
タイトルとURLをコピーしました