雑学のカテゴリ

スポンサーリンク
言葉雑学

「暖かい」と「温かい」の違い

「暖かい」と「温かい」、どちらも読みは「あたたかい」で、意味も似ています。そのため、どっちを使ったらよいのか悩んでしまう場面って結構ありますよね。しかし「どっちを使ってもいいんじゃない?」というわけにはいかず、きちんと使い分ける必要があります。
2020.08.03
言葉雑学

「玉蜀黍」?難読漢字な野菜の名前

「玉蜀黍」や「大蒜」は野菜の名前ですが、さて、なんと読むかわかりますか?野菜はひらがなやカタカナで表記されることが多いため、漢字でどう書くのかを知らない人も多いですよね。「人参」や「玉葱」くらいなら簡単に読めますが、野菜の中にはどうやっても読めない、超難読漢字のものも多いのです…。
2020.08.03
言葉雑学

「十分」と「充分」の違い

同じ読み、同じような意味の言葉でも、違う漢字で表される言葉はたくさんあります。「充分」と「十分」もそのうちの一つ。どちらも読みは「じゅうぶん」で、意味も「不足がないこと、満ち足りていること」を表します。それでは、充分と十分は、どうやって使い分けたら良いのでしょうか?
2020.08.03
言葉雑学

「硬い」「固い」「堅い」の違い

「かたい」という言葉には、「硬い」「固い」「堅い」という3つの漢字があります。 それぞれどの漢字を使うかで意味が変わってくるのですが、「どれがどれだったっけ?」と迷うことも多いですよね。「硬い」「固い」「堅い」をきちんと使い分けるには、漢字の成り立ちや対義語・類義語など、様々な角度から意味を知っていくことが大切です。
2020.08.03
言葉雑学

「おざなり」と「なおざり」の違い

「おざなり」と「なおざり」、字面も響きも似ていれば、どちらも意味は「いい加減・適当」なことを表すので、どっちがどっちだかよくわからなくなることが多い言葉ナンバーワンですよね。しかしやはりどちらも全く同じ意味というわけではなく、状況や場面によってどちらが適切かは異なります。
2020.08.03
言葉雑学

「海驢」?難読漢字な海の動物の名前

「海驢」や「海獺」、なんと読むかわかりますか?じつはこの2つは水族館でも人気の動物の名前なんです。誰でも一度は必ず見たことがある動物なのに、漢字にするとなんのことだかさっぱりわからないですよね。上2つの他にも、よく知っているのに漢字だとわからない…そんな動物の名前をクイズ形式でご紹介。
2020.08.03
食べ物雑学

お汁粉とぜんざいの違い

小豆を甘く炊いて、お餅を入れて食べるあの甘味のことを、あなたは何と呼んでいますか?大抵の人は「お汁粉」か「ぜんざい」の2択ですよね。じつは、お汁粉とぜんざいは全く同じものというわけではなく、地域や汁の状態によって呼び方が変わるんです。
2020.07.24
食べ物雑学

パンケーキとホットケーキの違い

一昔前は家庭で食べる「ホットケーキ」が主流でしたが、近年ではちょっとおしゃれな「パンケーキ」が増えてきています。しかしホットケーキとパンケーキ、何が違うの?と聞かれたら、その違いを答えられない人の方が多いのではないでしょうか。
2020.07.24
言葉雑学

「御御御付」?難読漢字の食べ物・料理名

皆さんは「御御御付」や「饂飩」が何の料理かわかりますか?普段当たり前のように食べている料理でも、漢字にすると何のことだかわからなくなるというものがありますよね。上に挙げた2つも、日本人なら絶対に食べたことはあるポピュラーな料理です。
2020.08.03
動物雑学

日本に生息する危険生物【毒ヘビ】

近代では日常的に野生動物と接することは少なくなりましたが、だからこそちょっとした油断が危険を招きます。日常に潜む危険な動物の一つ、それはヘビ。日本には10数種類のヘビが生息していますが、その中で、気を付けるべき毒ヘビは3種類。
2020.07.22
食べ物雑学

ソーセージとウインナーの違い

ソーセージとウインナー、どちらも同じく肉を加工した食品。どちらもイメージするものは同じですが、何がどう違うのか、説明してと言われると難しいですよね。じつはソーセージとウインナーは「同じものでもあり、違うものでもある」というのが正解。
2020.07.24
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました