ハムとソーセージの違い

ハム,ソーセージ,違い 食べ物雑学
食べ物雑学

ハムとソーセージ、どちらも肉に塩を加えて加工した食品であり、朝食メニューなど使われるシーンもよく似ていますよね。

大人なら、お酒のお供にもピッタリです。

しかしこの2つ、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

先に結論から言ってしまうと、ハムとソーセージの違いは「肉の種類」「作り方」です。

 

スポンサードサーチ

ハム

今でこそ「鶏ハム」など、豚肉以外を使ったものもハムと呼ばれていたりしますが、本来のハムは、豚肉を使ったもののことを言います。

ハム(Ham)はもともと英語で、日本語にすると「豚のもも肉」という意味。

現在では豚のもも以外の部位を使ったものもハムと呼ばれていますが、伝統的なハムは、豚のもも肉を使うのが一般的です。

 

食田マキコ
食田マキコ

ロース肉を使っていれば「ロースハム」、肩肉を使っていれば「ショルダーハム」というふうに、呼び分けていることもあるわね。

 

また、ハムは肉を塊のまま加工するというのが、ソーセージとの一番の違いになります。

生ハムの原木や、かたまりをひもで縛ってあるようなハムを想像すると、わかりやすいですね。

ハムハム

 

スポンサードサーチ

ソーセージ

豚肉が原料のハムとは異なり、ソーセージに使われるのは様々な鳥獣の肉です。

日本では豚・牛・鶏の肉が使われたものが一般的ですが、山羊や羊、鴨などが使われたものもあります。

さらに種類によっては肉だけではなく内臓や血液が使われることも。

 

食田マキコ

日本で人気の「魚肉ソーセージ」も、立派なソーセージの一種よ。

 

またもう一つ、ソーセージがハムと大きく異なるのは、ミンチにした肉を塩や香辛料と練り合わせて、ケーシング(薄い膜状のもの)に詰めて加工されるという点です。

ソーセージは別名「腸詰め」と呼ばれることもあるように、ケーシングの多くは羊や豚などの腸が使われていますが、腸以外の内臓(膀胱や胃など)が用いられることもあります。

 

食田マキコ

ソーセージは使われている肉やケーシングの種類によって、かなり細かく種類が分けられているわ。

食田マキコ

例えば直径20㎜未満の羊の腸を使ったものは「ウインナー」、直径36㎜未満の豚の腸を使ったものは「フランクフルト」っていう風にね。

ソーセージの種類について、詳しくはこの記事にも掲載しているわ。

 

あわせてチェック!
ソーセージとウインナーの違い

 

スポンサードサーチ

まとめ

ハムとソーセージの違いを簡単にまとめると、このようになります。

 

・ハムは豚肉を大きなかたまりのまま加工したもの
・ソーセージは様々な鳥獣の肉をひき肉にして、腸などのケーシングに詰めたもの
食田マキコ

今度スーパーの加工肉売り場に行ったら、いろいろなハムやソーセージの違いをチェックしてみてね。

スポンサーリンク
lifemaをフォローする
とりびあライフ ~生活に+αの雑学を~
タイトルとURLをコピーしました