「早い」と「速い」の違い

早い,速い,違い 言葉雑学
言葉雑学

「早い」と「速い」、どちらも同じく「はやい」と読む言葉で意味もよく似ているので、間違って使ってしまう人も多いのではないでしょうか。

どっちも同じような意味なら、どっちを使っても同じでしょ…と思われるかもしれませんが、どちらを使うかで、文章のニュアンスが完全に変わってしまうこともあります。

「早い」と「速い」、混同することなく使い分けるためには、しっかりとそれぞれの意味を知っておきましょう。

 

スポンサードサーチ

「早い」と「速い」の違い

「早い」と「速い」を使い分けるポイントは…

・時間の経過が短い
・動作がすみやか

という違いです。

 

「早い」

「早い」というのは、時間の経過が短いことを表す時に使う言葉です。例えば、

・私は諦めるのが早い
・早寝早起きをする
・早いタイミングで計画しておく
・話が早いので助かる

というような場合に使われます。

他にも、

・早朝
・早退
・早春
・早熟

などの言葉からも、物事のタイミングや時間の経過についての「はやい」だということがわかります。

 

「速い」

「速い」という言葉は、動作がすみやか…つまりスピーディーな場合に使われます。

・走るのが速い
・頭の回転が速い
・川の流れが速い
・呼吸が速い

こちらも、

・速度
・減速
・速記
・速攻

などの熟語を想像してみると、タイミングや時間の経過ではなく、動作そのものが速やかである・時間がかからないという時に使われることがわかります。

 

スポンサードサーチ

「早い」と「速い」の使い分け

「早い」と「速い」を間違えて使うと、まったく違ったニュアンスで伝わってしまうこともあります。例えば、

・早いバスに乗る
・速いバスに乗る

前者の場合は、「(予定よりも)早い時間のバスに乗る」という意味になりますが、後者の場合は、「スピードの速いバス(高速バスなど)に乗る」という意味となります。

 

例外もあり

ただし、「早い」には「急いで行う」という意味も含まれているため、一見「速い」が適切だと思われるようなケースでも、「早い」が使われることがあります。

・早口
・素早い

・早業
・早撃ち

これらはどれも、「動作が速やか」というニュアンスにも当てはまるため、「速口」「速撃ち」が正解なのでは?と思ってしまいがち。

実際のところ、動作が速やかであれば、かかる時間も短くなるわけで、「早い」と「速い」のニュアンスの違いを明確にすることが難しいケースも、多々あるのです。

 

スポンサードサーチ

まとめ

「早い」と「速い」の違いをまとめると…

・時間の経過が短い、ある時刻よりも前→早い
・動作がすみやか、スピーディー→速い

どちらを使えば良いのか紛らわしいものもありますが、基本的には、上記の違いを基準にすれば、ほとんどの場合正しく使い分けができます。

 

スポンサーリンク
lifemaをフォローする
とりびあライフ ~生活に+αの雑学を~
タイトルとURLをコピーしました