「意思」と「意志」の違い

意思,意志,違い 言葉雑学
言葉雑学

「意思」と「意志」、どちらも読み方は「いし」で、意味もなんとなく似通っているイメージがあります。そのため、どんな場面でどちらの漢字を使えばいいのか、悩んでしまうことも多いですよね。

 

スポンサードサーチ

「意思」と「意志」の違い

どちらにも共通する「意」という漢字には、「こころ・おもう」という意味があります。それを踏まえたうえで、「思」と「志」の意味の違いに注目してみましょう。

 

意思

「意思」というのは、読んで字のごとく「思い」のことです。つまりその決意の強さや明確な考えなどは関係なく、ただ単に「心に思い浮かんだこと、考えたこと」という漠然とした思いや考えのことを指します。

例えば、

 

「相手に意思が通じる」
「本人の意思に任せる」
「そういった意思はない」

 

といった使われ方をするのが一般的ですね。「確固たる強い気持ち」というわけではなく、「気持ち、思い、考え」を大まかに言い表すときに使う言葉、というわけです。

 

意志

「志(こころざし)」は「こうしようと心に決めたこと」という意味です。つまり漠然とした思いや考えを表す「意思」とは反対に、「意志」は「物事を成し遂げようとする強い気持ち、前向きな気持ち」のことを指します。

例えば、

 

「意志を最後まで貫く」
「確固たる意志」
「意志を強く持つ」
という言い回しで使われます。すでにどうするのかという気持ちが強く決まっている場合には、「意思」ではなく「意志」を使うというわけですね。

「意思」と「意志」の使い分け

同じ文脈でも、「意思」と「意志」、どちらを使うかによって、表現のニュアンスは変わってきます。

 

・「私は転職の意思がある」
・「私は転職の意志がある」

 

例えば、上のような例文の場合はどうでしょう。「転職の意思がある」のほうでは、ただ漠然と「転職したいな、でもどうしようかな」というニュアンスが強いですよね。具体的に言えば、ネットやフリーペーパーで「今ってどんな求人があるのかな?」と調べてみている段階、といったイメージ。

それに対して、「転職の意志がある」のほうは、「転職は決定事項」というニュアンスが強くありませんか?すでに実際に転職サイトに登録したり、ハローワークに通ったり、面接に行ってみたり、はたまた辞表をデスクの引き出しに忍ばせていたり…という段階の話なのかな、というイメージですよね。

このようにどちらの「いし」を使うかによって、文章のニュアンスは大きく変わります。

 

スポンサードサーチ

まとめ

「意思」と「意志」の違いをまとめると…

 

・漠然とした思いや考えのこと→「意思」
・強い決意のある積極的な思いや考えのこと→「意志」
どちらを使うか迷ったときには、「志」「思」という漢字の意味を思い浮かべてみれば、混同することはなくなるはずです。
スポンサーリンク
lifemaをフォローする
とりびあライフ ~生活に+αの雑学を~
タイトルとURLをコピーしました