ミートソースとボロネーゼの違い

ミートソース,ボロネーゼ,違い 食べ物雑学
食べ物雑学

ジューシーなひき肉がたっぷり入った、トマト系パスタソースと言えば…あなたは何を思い浮かべますか?

おそらく「ミートソース」もしくは「ボロネーゼ」のどちらかですよね。

なんとなくミートソースは子供向け、ボロネーゼは大人向けという印象がありますが、具体的にはどんな違いがあるのでしょうか。

 

えりこ
えりこ

ミートソースって、直訳すると「肉のソース」でしょ。

とりあえずお肉がたっぷり入っていて、トマト系のソースだったら、全部「ミートソース」でいいんじゃないですか?

食田マキコ
食田マキコ

それ、「小麦粉の衣をつけて揚げているんだから、フライドチキンもとり天も同じものでしょ?」って言っているようなものよ。

えりこ

うっ…!

そう言われると、なんか釈然としない感じが…。

食田マキコ

でしょう?それと同じよ。

ミートソースとボロネーゼの大きな違いは、

 

・作り方
・使われているパスタ

 

この2点なの。

 

スポンサードサーチ

ミートソースとボロネーゼの違い

ボロネーゼは、イタリアのボローニャ地方発祥のソース。

それに対して、ミートソースは戦後にアメリカから持ち込まれたボロネーゼを、日本風に改良したものが発祥です。

そのため、作り方や材料に違いが生まれたのです。

 

ボロネーゼの特徴

ボロネーゼは、玉ねぎやセロリなどの香味野菜とひき肉を、ワインでじっくりと煮込んだソース。

一般的にボロネーゼと言えば「トマトソース」というイメージがありますが、実際はトマトは仕上げに少量加える程度です。

そのためトマトソースというよりは、デミグラスソースのような、肉や野菜の味わいが濃いソースに仕上がっているのが特徴。

 

食田マキコ

ひき肉も初めにじっくりと焼いて、ある程度かたまりを残しつつ、しっかりと肉の存在感が感じられるように仕上げるのよ。

食田マキコ

だからソースというよりは、「そぼろ和え」のような感じになるわね。

 

ミートソースの特徴

ワインで煮込むボロネーゼに対して、ミートソースは野菜やひき肉をトマト(ペーストやソース)で煮込むというのが大きな違いです。

そのためボロネーゼに比べるとトマトの味がしっかりと感じられ、さらにケチャップや砂糖を加えるレシピも多いため、甘くて日本人好みの味となっています。

 

えりこ

確かにミートソースって、「ミートソース」って名前の割には、肉よりもトマトソース部分の主張が強いイメージがありますね。

 

ミートソースとボロネーゼの麺の違い

厳密に「このソースにはこの麺!」と決まっているわけではありませんが、一般的に、ボロネーゼと言えば「タリアテッレ」、ミートソースでは「スパゲッティ」が使われることが多いです。

 

えりこ

タリアテッレって、どんな麺でしたっけ。

食田マキコ

タリアテッレは、幅5㎜前後の平打ちパスタよ。

えりこ

「フェットチーネ」とは違うんですか?

食田マキコ

それについてはこっちの記事で詳しく説明しているから、時間があれば読んでみるといいわ。

スパゲッティとパスタの違い

 

スポンサードサーチ

まとめ

ミートソースとボロネーゼ、「ひき肉を使ったパスタソース」というざっくりとしたイメージは共通していますが、実際に食べ比べてみると、見た目も味も結構違うものだなということがわかります。

 

えりこ

ボロネーゼは大人向け、ミートソースは子供向けってイメージが強かったのは、ボロネーゼはワインが使われていて、ミートソースはケチャップや砂糖が使われているからだったんですね。

食田マキコ

私の好みは断然、ボロネーゼね。

えりこ

お~、さすがに大人ですね。

なんたってもう、四捨五入したらアラフォーだs…

食田マキコ

切り捨てならまだアラサーよ。

 

スポンサーリンク
lifemaをフォローする
とりびあライフ ~生活に+αの雑学を~
タイトルとURLをコピーしました