「御御御付」?難読漢字の食べ物・料理名

難読,漢字,食べ物 言葉雑学
言葉雑学

 

皆さんは「御御御付」「饂飩」が何の料理かわかりますか?

普段当たり前のように食べている料理でも、漢字にすると何のことだかわからなくなるというものがありますよね。

上に挙げた2つも、日本人なら絶対に食べたことがあるポピュラーな料理です。

 

えりこ
えりこ

「ゴゴゴづき」…じゃあないよね。

本藤ツトム
本藤ツトム

どう考えても違うでしょ。

そんな料理食べたことあるんですか?

えりこ

いや、ないけど、なんかありそうかなーって。

 

スポンサードサーチ

読み方は?難読漢字の食べ物・料理名

本藤ツトム

「御御御付」「饂飩」の他にも、難読な料理名はたくさんありますからね。

本藤ツトム

全問正解目指して、挑戦してみてください。

 

まずは答えを見ずに考えてみましょう。

 

1.御御御付
2.饂飩
3.捏ね
4.雲吞
5.蒲鉾
6.鱶鰭
7.巻繊汁

 

漢字から何となくどんなものか想像がつくものもあれば、まったく想像すらつかないものもありますね。

それではなぜそんな漢字になったのかという由来とともに、正解を見ていきましょう。

 

御御御付

「御」が3つも付いた、なんとも丁寧すぎるこの料理。

読み方は「おみおつけ」です。

元々「おつけ(御付)」というのは、ご飯に添える汁物のこと。

で、さらにそれを丁寧にするために「御御(おみ)」とつけて御御御付となったと言われています。

 

饂飩

「饂飩」の読み方は「うどん」。

元々は奈良時代に唐から入ってきた、小麦粉を使った「混飩(こんとん)」という料理がうどんの元となっており、それが温かい食べ物だということで「温飩」→食べ物なので食編に変えられて「饂飩」となったと言われています。

 

捏ね

「ね」がついているので正解が想像しやすかったかもしれませんね。

答えは「つくね」です。

「捏ねる(つくねる)」という漢字は他にも「捏ねる(こねる)」という読みがあるように、ひき肉などをこねて丸くするという意味があります。

 

雲吞

「雲吞」は読み方と漢字が全く一致しないのでわかりにくいですが、「ワンタン」と読みます。

ワンタンはまるで雲のように見えるので「雲」の字が使われており、またワンタンはスープに入れて(スープを)飲むものであることから、「呑」という字が付けられました。

 

蒲鉾

「蒲鉾」はそれぞれ「蒲(ガマ)」「鉾(ほこ)」という読みを知っている人なら、簡単に正解にたどり着けますね。

そう、正解は「かまぼこ」

かまぼこは元々ちくわのように竹を芯にして魚のすり身を付けて焼いたものであり、それが植物のガマの穂や武器の鉾に似ていることから、この名前が付いたと言われています。

 

鱶鰭

鱶鰭の読みは「フカヒレ」

日常的に中華料理屋さんでフカヒレを注文しているという人なら簡単すぎる問題かもしれませんが、普段フカヒレと縁がない人は「何かの魚かな?」って思いますよね。

じつは漢字の意味もすごくストレートで、「鱶(フカ)=サメ」で「鰭(ヒレ)=ヒレ」、つまり「サメのヒレ」でそのままの意味です。

 

巻繊汁

「巻繊汁」は一切目にしたことがない漢字だ!という人も多いはず。

これで「けんちんじる」と読みます。

難しいですよね。

巻繊とは元々中国の料理で、その名の通り、繊切りにした材料を湯葉や油揚げで巻いて、さらに揚げて蒸した料理ことを指します。

これが日本に入ってきてから、巻繊と同じ大根やゴボウなどの野菜を使って汁にしたものを、けんちん汁と呼ぶようになったと言われています。

 

スポンサードサーチ

まとめ

何も知らずに漢字だけ見ると、なかなか読むのが難しい料理・食べ物ばかりでしたね。

しかし料理の名前に限らず、難読漢字を覚えるときは、名前の成り立ちや漢字の由来も調べると、とても勉強になるし覚えやすくなります。

 

えりこ

かろうじて、カマボコだけは読めた!

本藤ツトム

まぁカマボコは、今回紹介した漢字の中でも、目にする機会が比較的多いですからね。

えりこ

ぐぬぬ…。素直に褒めなさいよ!

本藤ツトム

じゃあ、「雲吞」ってなんて読むか覚えてますか?

えりこ
えりこ

えっ、えーっと…「ウニ」!

本藤ツトム

答えは「ワンタン」です。

ウニは「雲丹」ですよ。

えりこ

…。

 

スポンサーリンク
lifemaをフォローする
とりびあライフ ~生活に+αの雑学を~
タイトルとURLをコピーしました