「ねぎま」の由来、「ま」の意外な真相とは!?

ねぎまの由来 食べ物雑学
食べ物雑学

Q:ねぎまの「ねぎ」はわかるけど、「ま」って何由来!?

A:ねぎまの「ま」は、マグロの「ま」。ねぎまは、ネギとマグロを使った「ねぎまぐろ」が由来です。

 

スポンサードサーチ

「ねぎま」の由来は「ねぎまぐろ」

ねぎまというのは、「ねぎまぐろ」を省略した呼び方です。なんでネギと鶏肉なのに、マグロなのか不思議ですよね~。
ねぎまのルーツは遡ること江戸時代、ネギとマグロを一緒に煮込んだ「ねぎまぐろ鍋」からきています。そんなねぎまぐろ鍋を、もっと早く!簡単に作りたい!となって生まれたのが、串に刺して焼くスタイルのねぎまぐろ。

 

スポンサードサーチ

なぜねぎまはマグロから鳥へ…?

今でこそマグロといえば高級魚!というイメージが強いですが、かつては傷みやすいことや、「シビ(昔のマグロの呼び方)」=死日」を連想させるということで、あまり人気のない魚でした。しかし保存技術の発達等によって、マグロは徐々に人気と価値を高め、高価な食材として扱われるようになっていきます。
そうすると、一般庶民ではなかなかマグロを使ったねぎまぐろを食べることができない…!というわけで、マグロよりも安価な鳥肉で代用しよう!と誕生したのが、鳥肉とネギを組み合わせた「ねぎま」だったのです。

 

スポンサードサーチ

焼き鳥の肉、じつはなんでもアリ

焼き鳥には鶏肉が使われているのに、なんで「焼き鶏」ではなく「焼き鳥」何だろう?と疑問に思いませんか?
じつは昔の焼き鳥って、鶏肉ではなくスズメやキジなど様々な野鳥の肉を使っていたんです。だから焼き鶏ではなく焼き鳥。本来のマグロを使ったねぎま然り、昔の焼き鳥の自由度の高さを感じます。

 

タイトルとURLをコピーしました