今さら聞けない…ソーセージとウインナーの違いの話

ソーセージとウインナーの違い 食べ物雑学
食べ物雑学

Q:ソーセージとウインナーの違いは何?

A:ソーセージは、ウインナーやフランクフルトなど腸詰の肉製品全般のこと!ウインナーはソーセージの一種です。

 

スポンサードサーチ

ウインナーとソーセージの違い

ソーセージというのは「肉や魚に香辛料等を混ぜて腸詰めしたもの」の総称のこと。ウインナー、フランクフルト、サラミなどなど、全部をひっくるめてソーセージというカテゴリーです。
ちなみにウインナーは、直径20㎜未満で羊の腸が使われているもののこと。太さや素材の違いで、分類されています。

ウインナーとソーセージの違い

 

スポンサードサーチ

ウインナーは「ウインナー・ソーセージ」

ウインナーという言葉は、「ウィーン風の」という意味です。正式名称の「ウインナー・ソーセージ」と呼んで初めて、「ウィーン風のソーセージ」という意味が完成するのです。
…ということを覚えておけば、ウインナーとソーセージの違いが思い浮かびやすいはず。

 

スポンサードサーチ

ソーセージはウインナーを含めて1500種類以上!

日本でソーセージといえば、ウインナー、フランクフルト、ボロニアソーセージ、サラミくらいしか見かけることはありませんが、ドイツではなんと1500種類以上のソーセージがあるそうです!さすがソーセージの本場。サイズや材料、調理法による分類だけではなく、いわゆるご当地ソーセージなどもあり、全種類制覇するのが難しいレベル。

 

タイトルとURLをコピーしました