「すいません」と「すみません」どっちが正しい?言葉のマナー

すいません,すみません 言葉雑学
言葉雑学

相手に謝罪や感謝を伝えるときに、「すいません」「すみません」、あなたはどちらを使いますか?

 

えりこ
えりこ

深く考えたことはなかったけど、私は「すいません」っていう事が多いかも。

本藤ツトム
本藤ツトム

まぁ口頭の場合はそれでもいいですけどね。

メールや手紙など文章の場合は、間違いですよ。

えりこ

なんで!?

別にどっちでも良くない!?

本藤ツトム

「すいません」っていうのは、「すみません」を口頭で言いやすくした言葉だからですよ。

 

スポンサードサーチ

「すいません」と「すみません」の違い

えりこ

「すいません」と「すみません」って、どっちも同じように使ったらいいもんだと思ってたよ…。

本藤ツトム

「すいません」というのは話し言葉ですからね。

メールや手紙などの文書で使用するのは、正しくありません。

 

「すみません」というのは、少し発音がしにくい言葉です。

「す⇒み」の口の形の流れが、若干ぎこちなくなるという人も多いでしょう。

それに対して、「すいません」というのは、すみませんを発音しやすくした話し言葉です。

「すみません」と比べて発音しやすいで、会話の中では自然と「すいません」と言ってしまう人も多いでしょう。

ですが、文書中では「すいません」ではなく、きちんと「すみません」と記す必要があります。

 

本藤ツトム

例えば、口頭では「言う→ゆう」って言ったりしますよね?

本藤ツトム

でも文書で書くとしたら、きちんと「言う」って書きますよね。

それと同じことです。

えりこ

そっか!

口頭では「っざす!」って言ってても、文章ではきちんと「ありがとうございます」って書くのと同じだね!

本藤ツトム

…それは口頭でも、きちんと「ありがとうございます」の方がいいんじゃないですか?

 

すみませんの語源

えりこ

あ~…でも「すいません」のほうに馴染んじゃってたら、「どっちが正解だったっけ?」ってわからなくなりそう。

本藤ツトム

そういう人は、「すみません」の語源を知るといいですよ。

 

すみません」という言葉は、「済まぬ」「済まない」を丁寧にした言葉です。

そう考えると、「すみません⇒済みません」となり、本来なら「すみません」が正しいのだなということが、すぐにわかりますよね。

 

スポンサードサーチ

ビジネスシーンでの「すみません」

えりこ

すみませんが「済まない」の丁寧語ってことは、別にビジネスで使ってもいいんじゃないの?

本藤ツトム

一応丁寧な表現であるとはいえ、すみませんはかなりカジュアルな言葉ですよ。

本藤ツトム

まぁ気にしない人もいると思いますが、ビジネスでは使わない方が無難ですね。

 

すみませんという言葉は、ちょっとした謝罪や感謝を表すのに使えて、とても便利です。

しかしそれゆえにカジュアルな印象を与える表現になってしまうため、ビジネスな関係で「すみません」を使ってしまうと、人によっては反感を買ってしまうことも。

 

えりこ

じゃあ、ビジネスの時には「すみません」の代わりに、何を使えばいいの?

本藤ツトム

すみませんに代わる言葉は、どういうシーンで使うかによって違ってきますよ。

本藤ツトム

例えばこんな感じです。

謝罪

・申し訳ございません
・お詫び申し上げます
・陳謝致します
・深謝致します
・失礼致しました

 

感謝・依頼

・恐れ入ります
・恐縮です
・お手数をお掛けします

 

えりこ

確かに、「すみません」よりも丁寧で、ビジネスにふさわしいね。

本藤ツトム

えりこさん、社会人なんだから、このくらい知っておきましょうよ。

えりこ

いや、改めて「すみませんを丁寧に言うと?」って聞かれたらちょっと考えちゃうだけで、普段は無意識にきちんとした言葉を使ってる!

…はず。

 

「ごめんなさい」もNG

えりこ

謝罪の言葉といえば、「ごめんなさい」もあるよね。

えりこ

これも「ごめん+なさい」で丁寧語って感じがするけど、ビジネスでは使ってもいいの?

本藤ツトム

ダメですよ。

本藤ツトム

「ごめんなさい」はすみませんと同じくカジュアルな表現ですし、ビジネスシーンにおいては意味も少し適切ではありません。

 

「ごめんなさい」という言葉は、許しを請う言葉でもあります。

しかしビジネスでは、「やらかしちゃったけど、許してくれる?」なんて甘い考えは言語道断。

それに対して、例えば「申し訳ございません」という言葉なら、「弁解のしようがありません」という意味なので、きちんと自分の立場をわきまえているということが伝わります。

 

えりこ

はぁ~…

ビジネスではそんなことまで、気遣いがされているんだね…。

本藤ツトム

あなたはもうちょっと気遣いを覚えたらどうですか?

えりこ

し、失礼な!

 

スポンサードサーチ

まとめ

「すみません」というのはとても汎用性の高い言葉ですが、それゆえに、どんなシーンでも気軽に使ってしまいがち。

「すいません」で大丈夫な時、「すみません」を使うべき時、「すみません」を使ってはダメな時、それぞれしっかりと覚えておきましょう。

 

えりこ

日本語って、難しいね…。

えりこ

全部「I’m Sorry!」で済ませちゃいたい…。

本藤ツトム

こういう面倒くささ…というか表現の多様性が、日本語の魅力じゃないですか!

えりこ

フッ…本藤くんの性格には、すごくピッタリだと思うよ。

本藤ツトム

小声で悪口をつぶやくのはやめてください。

えりこ

あ、聞こえてた!?

すいまs…いや、すみませn…(あれ、どっち使えばいいんだっけ?)

えりこ

ア、I’m Sorry!!

本藤ツトム

…。

 

スポンサーリンク
lifemaをフォローする
とりびあライフ ~生活に+αの雑学を~
タイトルとURLをコピーしました