寿司と鮨の違い

寿司,鮨,違い 食べ物雑学
食べ物雑学

日本料理を代表する「すし」。

一般的には「寿司」と表記することが多いですが、時には「鮨」と表記されていることもありますよね。

 

えりこ
えりこ

言われてみれば、どうして2通りの漢字表記があるのか不思議ですね。

えりこ

「寿司」のほうは、字面からは全く魚の要素が感じられないし…。

食田マキコ

あら、いいところ突いてるわよ。

食田マキコ

寿司と鮨の違い、それは「魚を使った”すし”かどうか」の違いなのよ。

 

スポンサードサーチ

「寿司」と「鮨」の違い

食田マキコ

寿司って、どのくらい前からある料理なのか知ってる?

えりこ

江戸時代くらいですか?

食田マキコ

正解は奈良時代よ。

食田マキコ

じつは奈良時代~江戸時代までの間に、”すし”を表す漢字は何度も変わっているの。

えりこ

お寿司って、そんなに昔からあったんですか!?

 

寿司の原型「鮓」

目にする機会は少ないですが、「鮓」という漢字も「すし」と読みます。

元々は「酢などの調味料で味付けしたご飯に、魚介類などを合わせたもの」が寿司の原型であり、「鮓」と呼ばれていたのです。

 

食田マキコ

もっとも、ご飯を合わせるのは魚を発酵させるためであって、現在のようにご飯と魚をセットで食べていたわけではないわ。

えりこ

昔のすし(鮓)は現在とは違って、保存食のようなものだったんですね。

食田マキコ

味はとにかく酸っぱくて、においも強かったそうよ。

食田マキコ

だから「魚+酢」で「鮓」という漢字になったと言われているわ。

 

現在でも鮒ずし(ふなずし)など、昔ながらの手法で発酵させて作られた寿司のことは、「鮓」と表記することがあります。

 

「鮓」が転じて「鮨」

えりこ

「鮓」と「鮨」、同じ魚編だし、よく似ていますよね。

食田マキコ

じつは「鮨」という字は「鮓」によく似ているがために、間違えて使われるようになったのよ。

 

鮨というのは本来、中国で魚の塩辛を指す漢字でした。

しかし魚の保存食というイメージがとよく似ていたため、次第に「すし=」として使われるようになっていったのです。

 

縁起を担いで「寿司」に

食田マキコ

お寿司って、どんな時に食べることが多いかしら?

えりこ

家だとみんなで集まる時とか、外食だとちょっと贅沢がしたい時とかですかね。

食田マキコ

お正月とか何かのお祝い事の集まりとか、そういう時が多いんじゃない?

えりこ

あっ、確かに!

うちでも誰かの誕生日とか、進学のお祝いとか、そういう時はいつも必ずお寿司がありました。

 

今も昔も、寿司というのは祝い事の時に振る舞うことが多いです。

そこで江戸時代ごろには、縁起を担いで、よりめでたい漢字を使った「寿司」という漢字が当てられるようになりました。

 

えりこ

「寿を司る」…。

えりこ

あらためて見ると、この上なくめでたい漢字ですね。

食田マキコ

さらに「寿司」という漢字の良いところは、魚介類を使っていないお寿司にも、使いやすいという点ね。

えりこ

魚介類を使っていないお寿司?

食田マキコ

いなり寿司とか、巻き寿司とか。

えりこ

そう言われると、「いなり鮨」や「巻き鮨」だと、なんか違和感がありますね。

 

スポンサードサーチ

「鮨」と「寿司」の使い分け

食田マキコ

今では「寿司」が使われることが多いけれど、昔ながらのお寿司屋さんなんかだと、今でも「鮨」を使っていることが多いわね。

えりこ

今の時代に、あえて「鮨」という漢字を使っていることには、何か意味があるんでしょうか。

食田マキコ

やはり「鮨」という漢字は、「寿司」に比べてしっかりと魚を使っているというイメージが強いわ。

食田マキコ

つまり…

 

・握り鮨
・押し鮨
・箱鮨

 

食田マキコ

など、魚を使ったお寿司であることを、より強調する意味合いが含まれているの。

えりこ

なんだか、寿司職人のプライドが感じられますね!

 

スポンサードサーチ

まとめ

鮓→鮨→寿司の変化の流れがわかれば、どんな時にどの漢字が使われているのか、スッと頭に入ってきますよね。

普段の生活で鮨と寿司を使い分けるような機会は少ないですが、覚えておいて損はありません!

 

えりこ

先生、また今度、一緒に「おすし」食べに行きましょうよ。

えりこ

回らない「鮨屋」に!

食田マキコ

割り勘ならいいわよ。

えりこ

(ギクッ!)

えりこ

あっ…やっぱり、1皿100円の回るお寿司屋さんにしましょう…。

 

スポンサーリンク
lifemaをフォローする
とりびあライフ ~生活に+αの雑学を~
タイトルとURLをコピーしました