「特徴」と「特長」の違い

特徴,特長,違い 言葉雑学
言葉雑学

人やものの目立った点を言い表すには、「特徴」または「特長」という言葉を使いますよね。どちらも同じ「とくちょう」ですが、この2つは、いったい何が違うのでしょうか。

どちらも同じ意味で使っているという人も多いかもしれませんが、じつはそれぞれに、きちんと意味と使い方の違いがあります。

 

スポンサードサーチ

「特徴」と「特長」の違い

まず初めに、「特徴」と「特長」について簡単にまとめると、

・他よりも目立つ点を指す
・他よりも優れた点を指す

という違いがあります。

一見、どちらも同じように思えますが…詳しい違いを見ていきましょう。

 

「特長」の意味

まずは「特長」の意味や使い方がわかると、よりスムーズです。

「長」という漢字は「扱いに長けた(たけた)」「長所」などの使われ方からもわかるように、優れた点を意味しています。つまりただ単に目立っているだけではなくて、それが他と比べて優れている場合に限り、「特長」という言葉で表すことができるというわけですね。

・チーターには足が速いという特長がある
・この紙の特長は、水に濡れても破れにくい点です
・小さくて小回りが利くという特長を活かす

これらの例文のように、特に優れた点をアピールするときに使われるのが一般的。

 

「特徴」の意味

「徴」という漢字には、「しるし」という意味があります。つまり「特徴」という言葉は、他と比べて特に目立った点や、他と区別するのに役立つ点などのことを指します。

「特長」とは違って、内容の良し悪しや優劣には関係がありません。例えば、

・犯人の特徴は、痩せていて猫背なところだ
・A社の商品は、特徴的な色合いをしている
・ツキノワグマには胸に三日月模様の特徴がある

これらの例文では、どれも内容の良し悪しや優劣は、まったく関係ありませんよね。他よりも特に目立っている点を、ありのまま言及しているに過ぎません。

もしもこれが「犯人の特長は…」という風にしてしまうと、「犯人の優れている点は…」という意味になるので、よくわからない文章になってしまいますよね。

 

スポンサードサーチ

「特徴」と「特長」の使い分け

どちらを使ったらいいのか判断がつきづらい場合には、それぞれの類義語を当てはめて考えてみましょう。

 

「特長」の類義語

特長の類義語は、

・長所
・利点
・強み

などです。これを先に出した例文に当てはめてみると…

・チーターには足が速いという長所がある
・この紙の利点は、水に濡れても破れにくい点です
・小さくて小回りが利くという強みを活かす
どれもしっくりきますよね。
一方で、「特徴」の例文には、どれを当てはめてもしっくりきません。

「特徴」の類義語

特徴の類義語は、

・特性
・性質
・特色
・性向
・特質
・特長

など、たくさんの言葉があり、じつは「特長」も特徴の類義語に含まれます。

特長は「優れて目立った点」という限定的な意味なのに対して、特徴は「目立った点」という広い範囲で使える言葉だからです。

どちらを使えば良いか迷ったら、まずは「特長」の類義語を当てはめてみて、当てはまれば特長、当てはまらなければ特徴を使うようにすると、わかりやすいです。

 

スポンサードサーチ

まとめ

特徴と特長の違いをまとめると…

・目立った点や他との区別に役立つ点全般→特徴
・他よりも優れた点→特長

しっかりと意味の違いがわかれば、使い分けるのはそう難しくありません。実際にいくつか例文を作ってみれば、その違いがよりわかりやすくなりますよ!

 

スポンサーリンク
lifemaをフォローする
とりびあライフ ~生活に+αの雑学を~
タイトルとURLをコピーしました