フランクフルトとソーセージの違い

フランクフルト,ソーセージ,違い 食べ物雑学
食べ物雑学

朝食にも、お弁当にも、日常の様々な食事シーンで大活躍する「フランクフルト」「ソーセージ」

フランクフルトは、屋台などで串に刺さったものにケチャップを付けて食べる…というイメージが強いので、「串に刺さっているのがフランクフルト」だと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかしフランクフルトとソーセージの違いは、串の有無ではないんです。

 

えりこ
えりこ

でもフランクフルトとソーセージの違いって、串くらいしかない気がしますけど。

食田マキコ
食田マキコ

先に答えを言うとね、フランクフルトはソーセージの一種で、太さや使われている材料によって他のソーセージと区別されているのよ。

 

スポンサードサーチ

フランクフルトとソーセージの違い

「ソーセージ」というのは、牛や豚などのひき肉に調味料を加えて、ケーシング(筒状の袋)に詰めたもののことです。

つまり、フランクフルトをはじめとして、ウインナーやボロニアソーセージ、サラミなどをひっくるめた総称が、ソーセージなのです。

 

食田マキコ

図にすると、こんな感じになるわ。

 

ソーセージ,図

 

食田マキコ

この図を見てもらうとわかると思うけど、ソーセージの中でも太さやケーシングの種類、中に詰める肉の種類などによって、呼び方が変わってくるのよ。

 

フランクフルトとは

先ほどの図にも記載していましたが、フランクフルトは太さ20㎜以上36㎜未満で、豚腸を使ったものです。

 

最近では豚の腸の代用品として、人工的な素材(コラーゲンやセルロースなど)で作られたケーシングが使われているフランクフルトも多いので、豚の腸かどうかに関わらず、おおむね上記の太さを持つものがフランクフルトと呼ばれています。

 

食田マキコ

フランクフルトはちょうど串に刺しやすい太さだから、屋台などで串に刺して売られることが多いというわけね。

 

フランクフルトの由来

フランクフルトと言えば、ドイツの都市名でもあります。

フランクフルトソーセージはその名の通り、ドイツのフランクフルトで生まれたので、フランクフルトと名づけられました

他にも、ソーセージは発祥となる都市名を冠しているものが多く、例えばウインナーはオーストリアのウィーン、ボロニアソーセージはイタリアのボローニャに由来しています。

 

食田マキコ

ちなみに、ドイツで「フランクフルト」と言っても、フランクフルトソーセージのことだとは思われない可能性が高いから、気を付けてね。

えりこ

えっ!どうしてですか?

食田マキコ

ドイツ語ではソーセージのことは「Wurst(ヴルスト)」って言うの。

フランクフルトソーセージは「フランクフルト名産のヴルスト」だから、「フランクフルター・ヴルスト」って呼ばれているわ。

食田マキコ

単に「フランクフルト」だと、都市名のことだと思われちゃうわね。

 

スポンサードサーチ

まとめ

今回の記事の内容をまとめると、

 

・ソーセージはフランクフルトやウインナーの総称
・フランクフルトは太さ20㎜以上36㎜未満のソーセージ

 

ということになります。

 

えりこ

また一つ、賢くなりました。

 

スポンサーリンク
lifemaをフォローする
とりびあライフ ~生活に+αの雑学を~
タイトルとURLをコピーしました