言葉雑学

スポンサーリンク
動物雑学

カピバラは「鬼天竺鼠」?動物の面白い和名

動物園で人気のカピバラ。個人的には見た目もそうですが、「カピバラ」という名前の響きも、人気に一役買っていると思います。だって、じつはカピバラを和名で呼ぶと、かなり可愛くない名前なんです。「鬼天竺鼠」…可愛い要素は一つもありません。
言葉雑学

「戦く」「戦ぐ」ってなんて読む?難読漢字な動詞

「戦く」…これってなんて読むと思いますか?ちなみに、「せんく」や「いくさく」ではありません。今回は「戦く」をはじめとして、一筋縄で読めない難読漢字な「動詞」を一挙ご紹介!日頃よく使っている言葉でも、漢字にすると読めなくなってしまうものがたくさんあります。
2020.10.05
言葉雑学

「慣用句」と「ことわざ」の違い

昔から使われてきた言い回しで、2つ以上の言葉で新しい意味を持ったもののことを「慣用句」や「ことわざ」と呼びますよね。しかしことわざと慣用句って、いったい何が違うのでしょうか。
言葉雑学

「早い」と「速い」の違い

「早い」と「速い」、どちらも同じく「はやい」と読む言葉で意味もよく似ているので、間違って使ってしまう人も多いのではないでしょうか。「早い」と「速い」、混同することなく使い分けるためには、しっかりとそれぞれの意味を知っておきましょう。
言葉雑学

「歳」と「才」の違い

年齢を表すときには、「〇歳」もしくは「〇才」と書きます。どちらも同じ「さい」ですが、この2つの違いはいったい何なのでしょうか。年齢が小さい子供の場合は「才」を使い、大人には「歳」を使う…というイメージもありますが、じつは間違いなんです。
言葉雑学

「特徴」と「特長」の違い

人やものの目立った点を言い表すには、「特徴」または「特長」という言葉を使いますよね。どちらも同じ「とくちょう」ですが、この2つは、いったい何が違うのでしょうか。どちらも同じ意味で使っているという人も多いかもしれませんが、じつはそれぞれに、きちんと意味と使い方の違いがあります。
言葉雑学

「聞く」と「聴く」の違い

「聞く」と「聴く」。どちらも同じ「きく」という言葉であり、どちらも「音を耳で感じ取る」という意味で使われています。しかし同じ意味ならばなぜ、別々の漢字が使われるのか…不思議ですよね。じつは「聞く」と「聴く」、使われるシーンや使い方に、違いがあるんです。
言葉雑学

「了解」と「承知」の違い

「わかりました」という意味で使われる、「了解」「承知」という言葉。どちらも同じ意味なので「どっちを使ってもOK」と認識している人も多いかもしれませんが、じつはそれぞれに正しい使い方があります。特にビジネスシーンにおいては、使い方を間違えると相手に失礼になってしまうこともあるので、気を付けなければなりません。
言葉雑学

「伯父」と「叔父」の違い

父・母の兄弟のことを「おじ」と呼びますが、「おじ」を表す漢字には「伯父」と「叔父」の2つがあります。なぜ2つの漢字表記があるのか、それぞれどう違うのか、知っていますか?じつはどちらでも良いというわけではなく、どんな場合にどちらを使えば良いのかは、はっきりと決まっているのです。
言葉雑学

「報告」と「連絡」の違い

ビジネスでは「報告」「連絡」「相談」のいわゆる「ほうれんそう」が重要です。しかし「報告」と「連絡」の違いって、ちょっとわかりづらくありませんか?どちらも「相手に伝える・知らせる」という点では同じですが、具体的には何がどう違うのでしょうか。
言葉雑学

「修正」と「訂正」の違い

「内容を正す」という意味で使われる、「修正」や「訂正」という言葉。同じ意味・同じ用途で使うように思われがちですが、じつはそれぞれに違った意味があります。どんな場面で、どちらの言葉を使うのが適切なのでしょうか。
言葉雑学

「意思」と「意志」の違い

「意思」と「意志」、どちらも読み方は「いし」で、意味もなんとなく似通っているイメージがあります。そのため、どんな場面でどちらの漢字を使えばいいのか、悩んでしまうことも多いですよね。使い分けるポイントは、「思」「志」という漢字の意味を考えてみることです。
言葉雑学

「満天星躑躅」って何て読む?難読漢字な植物の名前

植物や花の名前って、意外と難読なものが多いですよね。漢字と読み方がかけ離れていて、由来が気になるものも。難読漢字は、「読み方がわかってスッキリ!」だけではなくて、「なぜそう読むのか、その漢字なのか」まで知って初めて完全なるスッキリが得られると、個人的には思っています!
言葉雑学

「翻車魚」って何て読む?難読漢字な魚や海の生き物の名前

魚の名前一部を除いて、カタカナ・ひらがなで表記されることが多いですよね。そのため漢字だと「これ何て読むの?」と頭を悩ませることもしばしば。今回はどうしてそう読むのか気になる、魚介類の難読漢字を集めてみました。
言葉雑学

梅雨はなぜ「梅の雨」と書く?その由来とは

春の終わり、そして夏の始まりを告げる「梅雨」。なぜ「梅の雨」と書くのでしょうか?それには「梅の実が熟す季節だから」「黴雨が転じて梅雨になった」という2つの説があるのです。なぜ梅雨と書いて「つゆ」と読むのか…その答えも合わせて紹介します。
2020.08.03
言葉雑学

「寂しい」と「淋しい」の違い

物悲しく心細い様子や心情を表す言葉…「さみしい」「さびしい」。しかし「さびしい・さみしい」という言葉には、「寂しい」「淋しい」という2通りの漢字が存在します。寂しいと淋しいには、どのような違いがあるのでしょうか。
2020.08.03
言葉雑学

「すいません」と「すみません」どっちが正しい?言葉のマナー

相手に謝罪や感謝を伝えるときに、「すいません」と「すみません」、あなたはどちらを使いますか?じつは「すいません」は話し言葉で、メールや文書などで使うと、失礼にあたる可能性があります。きちんと使い分けられるようにしておきましょう。
2020.08.03
言葉雑学

ラグビーを漢字で書くと?スポーツの漢字表記

サッカーは「蹴球(しゅうきゅう)」、テニスは「庭球(ていきゅう)」。このように、カタカナ名のスポーツを漢字で表記することがありますよね。それでは、「ラグビー」ってどんな漢字を書くのか知っていますか?
2020.08.03
言葉雑学

これって略語?意外な正式名称や由来とは

普段何気なく使っている言葉が、じつは略語だったってことは良くありますよね。しかし世の中には、皆さんが知らない意外な略語が存在します。すでに一般化してしまった隠れた略語…あなたはどのくらい知っていますか?
2020.08.03
言葉雑学

「恒河沙」「阿僧祇」ってどんな意味?数の単位の由来

一十百千万億兆…このくらいの数の単位までなら、日常生活で目にする機会が多いですよね。しかしそれ以上の単位となると、まず普段使うことはありません。中でも、「恒河沙」や「阿僧祇」になると、「えっ、それって数の単位なの?」とビックリする人もいるでしょう。
2020.08.03
言葉雑学

なぜ12月は「師走」?月の異名の意味や由来

1年は12か月ですが、1月2月…という呼び方以外にも、「睦月」「如月」という呼び方もありますよね。どうしてこのような名前が付けられたのでしょうか。テストなどでも良く出てきますが、いまいち覚えられない…という人は、それぞれの暦の由来を知ることで、格段に覚えやすくなりますよ!
2020.08.03
言葉雑学

「墨西哥」?難読漢字な国名

国名は通常カタカナで表されますが、日本独自の漢字表記もありますよね。「亜米利加」や「露西亜」ならよく目にするのですぐにわかりますが、それでは「墨西哥」は何と読むでしょう?勢いで読めるものもありますが、国名の漢字表記は難読のものばかり。
2020.08.03
言葉雑学

「蟀谷」?難読漢字な体の部位の名前

「蟀谷」って、なんて読むかわかりますか?れっきとした体の一部の名前なのですが、漢字で書くとどこのことだかさっぱりわかりませんよね。ぱっと見では、体の一部の名前になんて見えませんし。体の部位の名前には、「えっ、こんな読み方するんだ!」とびっくりするようなものが、他にもたくさんあります。
2020.08.03
言葉雑学

「四月一日」?難読漢字な苗字

「四月一日」…一見するとただの日付のようですが、じつはこれ、名字なんです。世の中には珍しい名字がたくさんありますが、その中でも特に、「日付が名字になっているもの」はまず初見では読み方がわからないものばかり。
2020.08.03
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました