「蟀谷」?難読漢字な体の部位の名前

難読,漢字,体 言葉雑学
言葉雑学

「蟀谷」って、なんて読むかわかりますか?

れっきとした体の一部の名前なのですが、漢字で書くとどこのことだかさっぱりわかりませんよね。

 

えりこ
えりこ

「腹」「肘」「膝」「腕」とか、部首が「月(にくづき)」の漢字はわかりやすいんだけどな…。

本藤ツトム
本藤ツトム

体の部位を表す漢字でも、「月(にくづき)」がついていないものはたくさんありますよ。

本藤ツトム

というか、えりこさん、身体に関する漢字には「月(にくづき)」がついていることが多いって、ちゃんと知っていたんですね。

えりこ

フフン、まぁこのくらいはね。

本藤ツトム

じゃあ身体の部位を表す漢字の問題、どれだけ正解できるのか期待していますよ。

えりこ

ま、まかせろ!!

 

スポンサードサーチ

身体の部位を表す難読漢字

本藤ツトム

今回、答えてもらうのは7問です。

本藤ツトム

問題数が少ないので、ぜひとも全問正解してほしいですね。

 

まずは答えを見ずに、考えてみてください。

 

・蟀谷
・旋毛
・御凸
・拇
・脹脛
・靨
・鳩尾

 

えりこ

(な、なんかわかりそうでわからない、微妙な問題ばっかり…!)

本藤ツトム

どうですか?

それじゃあ、答えを見ていきましょう。

 

 

蟀谷

えりこ

これ、虫の名前とかじゃないよね?

本藤ツトム

身体の部位だって言ってるでしょう。

本藤ツトム

答えは「こめかみ」ですよ。

 

「蟀」は「蟋蟀(コオロギ)」を意味する漢字ですが、なぜこめかみという言葉に「コオロギの谷」なんて漢字が当てられたのか、由来は不明です。

 

旋毛

えりこ

これはね、漢字のイメージから想像してみたのよ。

えりこ

ぐるぐるしている毛…つまり「つむじ」

本藤ツトム

正解です。

本藤ツトム

ちなみに、つむじは胎児が成長する際の起点となる場所で、つむじを中心に回転しながら成長するので、渦を巻いているんですよ。

 

御凸

えりこ

ねぇこれって…もしかするとそのまま読めばいいだけ?

えりこ

答えは…「おでこ」

本藤ツトム

その通りです。

えりこ

合ってた!

なんか字面は違和感がすごいし、あまりに単純な読み方だから、裏読みしちゃいそうになったよ…。

 

おでこというのは元々は額(ひたい)が普通以上に出ていることを意味する言葉だったので、「凸」という漢字が使われているのです。

 

えりこ

これって、一文字だけで見ることが無いんだけど…

「拇印」とかの「拇」だよね?

えりこ

ということはもしかして…「ゆび」?

本藤ツトム

惜しいですね。

ただの指ではなく、「おやゆび」です。

 

おやゆびで印を押すから「拇印」。

ちなみに、他の指で捺印する場合には「指印」と呼びます。

 

脹脛

えりこ

これは…ヒジ?スネ?とかなんかそんな感じだよね。

本藤ツトム

いい線いってますよ。

本藤ツトム

こたえは「ふくらはぎ」です。

 

「脹」には「ふっくらしている」という意味があるので、「脛(すね)の裏にあるふっくらした部分」ということで「脹脛(ふくらはぎ)」という漢字になっています。

 

えりこ

これはなんだろう…「面」っていう字が入っているから、顔周りのどこかかな?

本藤ツトム

そうですね。

ただ顔周りの部位と言っても、ある人はあるけど、無い人は無いものです。

えりこ

なんだろう…?

本藤ツトム

こたえは「えくぼ」ですよ。

 

「厭」はへこみ、「面」は顔を意味しているので、「靨」とかいて「えくぼ」と読むようになりました。

 

鳩尾

えりこ

これは普通に「きゅうび」じゃないの?

本藤ツトム

たしかにそのまま「きゅうび」や「はとお」と呼ばれることもありますけどね。

本藤ツトム

一般的には「みぞおち」と読みます。

 

みぞおちは「水が落ちる(飲んだ水が落ちていく場所)」というのが語源ですが、みぞおち部分は鳩の尾の形に似ているため、「鳩尾」という漢字が当てられたと言われています。

 

スポンサードサーチ

まとめ

普段何気なく口にしている言葉ばかりですが、漢字にすると馴染みのないものばかりですね。

日常生活でこれらの漢字を使うことは少ないでしょうが、覚えておいて損はありません。

 

スポンサーリンク
lifemaをフォローする
とりびあライフ ~生活に+αの雑学を~
タイトルとURLをコピーしました