小学校の入学準備!お名前シールの選び方【何枚必要?】

小学校入学準備!お名前シールの選び方 子育て
子育て

入学準備で一番大変な作業…それは名前つけ。小学校ではみんなが同じものを使うため、服や手提げカバンなどはもちろん、鉛筆の一本から算数セットのおはじき一個、計算カードの一枚まで、すべての名前を付けなければなりません。入学前の時期はただでさえ卒園前の行事や卒園式、学用品を買いそろえたり、新生活に向けての準備で大忙し。とてもじゃないけど、一つ一つに手書きで名前なんて書いてられません!
そこで絶対的におすすめなのが、「お名前シール」。入学準備の必需品と言っても過言ではありません。

スポンサードサーチ

名前シール選びのポイント

シールデザイン

キャラクターやかわいい動物などの絵柄が描いてあるお名前シールもありますが、おすすめなのはシンプルなデザインのものです。学用品は学年が上がっても通して使うものが多いため、あまりかわいらしい絵柄だと、学年が上がった時に子供が嫌がる可能性があります。

防水タイプのシール

おすすめなのは防水タイプのシールです。絵の具セットなどは濡れた手で使うことも多いですし、登下校の時に雨に濡れることも考えられます。また、子供は汗をかきやすいため、鉛筆や算数セットの細かいアイテムなども、防水タイプのシールのほうがはがれにくくて便利です。

フォント

お名前シールを注文すると、いろいろなフォントから好きなものを選べるようになっている場合が多いです。しかしこのフォント選びも、気を付けるポイントが一つ。フォントによっては、小学校で習う形とは異なる文字ってありますよね?例えば、「」「り」や、「」「さ」などがそうです。お名前シールは子供がもっとも目にする文字ですから、どうせなら正しい形で覚えさせたいですよね。名前にこういった文字が含まれている場合には、フォント選びにも少し気を付けてみましょう。

サイズ

入学準備では、大小様々なものにお名前シールを貼ります。大きいものではお道具箱や算数セットの外箱など。そして小さなものでは、おはじきや鉛筆。ワンサイズのみのお名前シールだと不便が出てきてしまうので、数種類のサイズがセットになったものを選びましょう。

 

入学準備にお名前シールは何枚必要?

どうせお名前シールを購入するなら、少ないよりは多いほうが安心ですよね。しかし学年が上がると、ひらがなのお名前シールを使う機会が減るため、余らせすぎてももったいない。そこで、具体的にどのくらいの枚数のお名前シールが必要なのか、我が家の例を挙げてみます。

算数セット(計472枚)

外箱:計3枚

・外箱蓋×1
・外箱本体×1
・ゴムバンド×1

数図ブロック:計34枚

・ケース×2
・ブロック×20
・カード×12

数え棒:計71枚

・ケース×1
・数え棒×60
・カード×10

計算カード:計205枚

・ケース×1
・カード×200
・リング×4

積み木・マグネット板:計22枚

・ケース×1
・積み木×5
・マグネット板×16

数字カード:計72枚

・ケース×1
・カード×70
・サイコロ×1

おはじき:計21枚

・ケース×1
・おはじき×21

おかね:計38枚

・ケース(袋)×1
・紙幣×1
・硬貨×36

時計:計1枚

・時計×1

シートセット:計5枚

・ケース(袋)×1
・シート×4

お道具箱(計57枚)

クーピー:計18枚

・ケース×1
・クーピー×15
・消しゴム×1
・鉛筆削り×1

クレヨン:計22枚

・ケース(蓋・本体)×2
・クレヨン×20

粘土セット:計8枚

・ケース(蓋・本体)×2
・粘土板×1
・粘土ベラケース×1
・粘土ベラ×4

その他:計9枚

・はさみ×1
・はさみケース×1
・のり(蓋・本体)×2
・粘土ベラ×4
・カスタネット×1

文房具(計20枚)

・筆箱×1
・鉛筆×12(1ダース)
・赤鉛筆×1
・フェルトペン×1
・硬筆用鉛筆×1
・油性ペン×1
・定規×1
・消しゴム×1
・下敷き×1

その他(計28枚)

歯みがきセット:計2枚

・歯ブラシ×1
・コップ×1

鍵盤ハーモニカ:計4枚

・ケース×1
・鍵盤ハーモニカ本体×1
・吹き口×1
・吹き口(ホース)×1

絵の具セット:計22枚

・ケース×1
・筆洗バケツ×1
・水彩絵の具×15
・絵の具ケース×1
・筆筒(蓋・本体)×2
・筆×2

お名前シールは600枚以上必要

上に挙げたものだけの合計で、なんと計577枚

我が家ではノートや教科書への記名は手書き指定だったので数に含めていませんが、それらもシールがOKならそのほうが楽です。さらに鉛筆や消しゴムなどの消耗品は、その都度また新しいものに名前を付ける必要があるので、最低でもお名前シール600枚はあったほうが安心ですね。

そしてなるべくなら、小さいサイズのシールが多いものがおすすめ。お名前シールの大部分を占めるのは算数セットや文房具なので、おはじきや鉛筆などに使えるサイズが多いものを選びましょう。

私が購入したのはこちらのお店の算数セットタイプ。

おすすめポイントは、以下の通り。

・833枚の大容量
・それでいて1,000円以下
・耐水性あり
・カット済みですぐに貼れる
・シンプルだけどかわいいデザインが選べる

実際に約1年間使いましたが、剥がれたものは1枚もなしです!デザインもシンプルなドットの囲み枠にしたので、3年生くらいまでは問題なく使えそう。(苗字も名前も高学年にならないと習わない漢字なので、ひらがなでも問題なし。)

スポンサードサーチ

まとめ

お名前シールは、なるべく早めに準備しておくことをおすすめします。2~3月は注文が混み合う時期なので、手元に届くのに時間がかかる可能性があります。

そしていくら手書きよりはお手軽だとは言え…シールを貼る作業もかなり大変です!一気にやるのは大変なので、暇な時間でちょこちょこ作業しましょう。

タイトルとURLをコピーしました