くしゃみを我慢すると危険!?

くしゃみ,我慢 生活雑学
生活雑学

突然のくしゃみで「場の雰囲気を壊してしまうのではないか!?」と戦々恐々としたり、「恥ずかしい思いはしたくない!」という気持ちから、くしゃみを我慢してしまう人も多いのではないでしょうか。

 

えりこ
えりこ

昔、姉がトランプタワーを作ってるときに後ろで特大のくしゃみをしたら、拳骨くらいました。

独田マコト
独田マコト

くしゃみってビックリするくらい大きい音になることがあるし、できるなら抑えたいってのは理解できるけどね。

独田マコト

でもくしゃみを無理やり我慢するのって、すごく危険なんだよ?

えりこ

くしゃみが危険って、そんな大げさな…。

独田マコト

くしゃみを我慢すると、鼓膜や喉が破裂することもあるよ。

えりこ

う、ウソですよね!?

独田マコト

ほんとだよ。

だからくしゃみは我慢しないほうがいい。

どうしても抑えたいなら「できるだけ小さくくしゃみをする方法」を教えてあげよう。

 

スポンサードサーチ

くしゃみの速度

独田マコト

くしゃみってさ、すごい勢いで口から空気を放出する現象のことなんだけど、その時の速度ってどのくらいか知ってる?

えりこ

うーん…時速100㎞くらいですか?

いや、そんなにはないか…?

独田マコト

答えはね、時速300㎞だよ。

えりこ

そんなすごい勢いなんですか!?

新幹線と同じじゃないですか…。

独田マコト

うん。

だからね、そんな勢いで出ようとしている空気を無理やり我慢するって、どれほど危険か想像がつくよね。

 

喉の奥が破裂する危険

独田マコト

くしゃみを我慢する時って、どうやってる?

えりこ

たいていは口をグッと閉じるか、手で口や鼻を抑えますね。

独田マコト

きっとみんなそんな感じだよね。

独田マコト

でもそうすると、くしゃみの瞬間に、気道にかなりの圧力がかかっちゃうんだよね。

 

口を閉じてくしゃみをしたら、喉がちょっと痛くなったなという経験をしたことがある人もいるでしょう。

場合によっては、喉の奥が破裂して、怪我を負ってしまう可能性もあるのです。

実際、イギリスではある男性が鼻を押さえてくしゃみを我慢した際に、喉を損傷して入院するという事故が起こっています。

 

えりこ

か、考えただけで、喉の奥がゾワゾワする~…!

独田マコト

しかも喉だけじゃなくて、呼吸器官の様々な場所を損傷する危険性があるんだよ。

独田マコト

呼吸器官は人間が生きていくうえで必要不可欠なんだから、できるだけ危険からは遠ざけてあげないとね。

 

鼓膜を損傷する危険

独田マコト

口や鼻って、どことつながってるかわかる?

えりこ

そりゃあ喉とか呼吸器系と…

えりこ

あっ!あとは「耳」ですね!

独田マコト

その通り。

それじゃあ口や鼻からの逃げ道を失った時速300㎞の空気が、耳に流れ込んだら…?

えりこ

鼓膜が破裂しちゃいます!

 

飛行機やダイビングで耳抜きをする際は、口を閉じて鼻をつまんだ状態で鼻から息を吐き、耳の内側から圧をかけますよね。

それと同じことが、くしゃみでも起こります。

しかも意図的な耳抜きよりも、さらに勢いと圧力が増すわけですから、下手をすると鼓膜が損傷してしまう危険がある…というわけです。

 

脳動脈瘤が破裂する危険

独田マコト

じつはくしゃみの瞬間って、血圧が20~30位上昇すると言われているんだよ。

えりこ

くしゃみって、血圧まで上がっちゃうんですか…。

独田マコト

しかも口や鼻を抑えていたら、何もしていない状態よりも、血圧が上がっちゃうんだよね。

独田マコト

だから脳動脈瘤なんかがある人だと、それが破裂しちゃう危険があるんだよ。

 

脳動脈瘤というのは、動脈の一部が膨れて破裂しやすくなっている状態です。

そんな状態で一気に血圧が上がってしまうと、脳動脈瘤が破裂してしまう危険があるのです。

 

スポンサードサーチ

くしゃみを小さくする方法

えりこ

くしゃみを我慢することの危険性はわかりました。

えりこ

でもやっぱり、空気を読んでくしゃみを我慢しなければ…って時には、どうしたらいいんでしょう?

独田マコト

そんな時には、できるだけくしゃみの音を小さくするしかないね。

独田マコト

体に負担をかけず、くしゃみを極力小さくするためのポイントは、次の2つだよ。

・ハンカチやタオルなど、空気の通り道がある柔らかいもので口を押さえる
・くしゃみが出そうだなと思ったら、少しだけ息を吐いておく(大きく吸うほど、大きなくしゃみになる)

 

独田マコト

口を押さえる場合は直接手で塞ぐのではなくて、タオルやハンカチを使うといい。

独田マコト

多少空気の逃げ道ができるから、素手で抑えるよりも危険性が低いし、繊維が音を吸収してくれるからね。

独田マコト

そしてくしゃみが出る直前って、大きく息を吸い込みたくなるんだけど、その時逆に少しだけ息を吐いておくといいよ。

えりこ

どうしてですか?

独田マコト

出ていく空気が多いほど、音が大きくなるからね。

独田マコト

ただしすべての空気を吐ききってしまうと、体はくしゃみを出すために、くしゃみ直前でどうしても大きく息を吸ってしまうんだ。

独田マコト

だからあくまでも「少し吐いておく」くらいに留めておくのがコツだよ。

 

スポンサードサーチ

まとめ

くしゃみをしたくない場面というのは、生活していると多々あります。

しかし、口や鼻を押さえて無理やりくしゃみを抑えてしまうのは禁物。

健康を害してしまっては元も子もありません。

 

えりこ

やっぱり女子たるもの、「クシュンッ」っていう、小さく可愛らしいくしゃみに憧れちゃいますからねー。

独田マコト

僕は無理にくしゃみを我慢している女の子よりも、健康的に大きなくしゃみをしている子のほうが、魅力的だと思うけどね。

えりこ

あっ、ちょっと鼻がムズムズして…

えりこ

ふぇっ…ふぇっ…ブエーックショーーーーイ!!!!!

えりこ
えりこ

あースッキリした!

独田マコト
独田マコト

…。

えりこ

あれ?独田先生、なんか引いてないですか?

スポンサーリンク
lifemaをフォローする
とりびあライフ ~生活に+αの雑学を~
タイトルとURLをコピーしました