圧力鍋が短時間で調理できる仕組みとは?

圧力鍋,仕組み 食べ物雑学
食べ物雑学

何時間も煮込まなければできない料理でも、たった数十分で柔らかーくできてしまう圧力鍋

一体どういう仕組みで、短時間調理ができているのか、不思議ですよね。

 

えりこ
えりこ

圧力鍋って名前なんだから、こう圧力でグッ…と押されるから、柔らかくなるんじゃ?

食田マキコ
食田マキコ

それだと、柔らかいというよりもボロボロって感じになっちゃうでしょ。

食田マキコ

圧力鍋を使うと短時間で調理できる仕組みは、高圧力によって沸点が高くなるというところがポイントなのよ。

 

スポンサードサーチ

圧力鍋の仕組み

えりこ

かなり初歩的な質問なんですが、そもそも圧力鍋って、どうやって高い圧力をかけているんですか?

食田マキコ

圧力鍋の蓋って、ガッチリとロックをかけるでしょ?

食田マキコ

そうして水蒸気を逃さないようにして、内部の圧力を高めているのよ。

 

通常、沸騰した水分は水蒸気となって空気中に散っていきますが、圧力鍋はガッチリと蓋をしてしまうことで、水蒸気を逃さない構造になっています。

そのため、逃げ場を失った水蒸気によって鍋内部の圧力はどんどん上がっていく、という仕組みです。

 

圧力と沸点の関係①

食田マキコ

冒頭でも言ったけど、高い圧力がかかった状態では、沸点も高くなるという性質があるの。

食田マキコ

「富士山の頂上では87℃で沸騰する」という話を聞いたことがないかしら?

えりこ

あっ!それは聞いたことがあります!

えりこ

たしか富士山の山頂ではお湯が低い温度で沸くから、いつも通りに麺を茹でたり米を炊いたりすると、芯が残っちゃうんですよね。

食田マキコ

圧力鍋の中では、それと逆のことが起こっているというわけね。

 

水の沸点というのは、通常だと100℃です。

しかし気圧が低い場所では100℃以下で沸騰してしまうように、逆に圧力の高い状態では、100℃になっても水は沸騰しません

 

食田マキコ

普通の鍋だと最高温度100℃でしか調理ができないけれど、圧力鍋だと120℃前後の温度で調理することができるの。

えりこ

だから短時間で火が通るし、短時間でも普通の鍋で数時間煮込んだ時のように、柔らかく仕上がるんですね。

 

圧力と沸点の関係②

えりこ

…ん?でもそもそも、なんで圧力が高くなると、沸点も高くなるんですか?

食田マキコ

…その辺は私の得意分野じゃないから、彼女にバトンタッチするわ。

山森サクラ
山森サクラ

こんにちわ!

ここから説明を交代しますね!

山森サクラ

圧力が高い時と低い時、水が蒸発しやすいのはどっちだと思いますか!?

えりこ

えーっと…押さえつける力が低い方が蒸発しやすそうだから、圧力が低い時?

山森サクラ

正解です!

つまり簡単に言えば、圧力が高い状態というのは、水が水蒸気になるのにすごくエネルギーが必要ってことなんです!

山森サクラ

だから100℃ではまだ沸騰することができずに、もっともっと高い温度になって初めて沸騰できる=沸点が上がるってわけなんです!

えりこ

なるほどね~。

食田マキコ

私も勉強になったわ。

ありがとう。

山森サクラ

いえいえ!

またいつでも呼んでください!

 

スポンサードサーチ

圧力鍋を使う時の注意点

えりこ

圧力鍋の仕組みはよくわかったんですけど…。

ひとつ気付いてしまったんです。

えりこ

圧力鍋って、超危険な道具なのでは?

食田マキコ

どうしてそう思うの?

えりこ

だって、中身はすごく高温になってるわけですし、もしも鍋が圧力に耐えきれずに破裂したりしたら…大惨事じゃないですか?

食田マキコ

そうね、圧力鍋は使い方を間違えると、大きな事故につながることもあるわ。

食田マキコ

実際に、圧力鍋の事故によって重傷を負ったり、死亡してしまったりした例もあるの。

えりこ

しししし死亡事故!?

怖!もう圧力鍋使うのやめます!!!!

食田マキコ

ちょっと落ち着きなさい。

食田マキコ

それらの事故の多くは、使い方を間違えたり点検を怠ったために起きたものよ。

食田マキコ

きちんと正しい使い方さえしていれば、事故なんてほぼ起こらないんだから。

えりこ

「ほぼ」ってところが気になるんですけど…。

食田マキコ

そこはまぁ…製品不良というのも無いわけではないし。

でもそれはどんな道具でも同じことだわ。

 

圧力鍋のメンテナンス

食田マキコ

圧力鍋を安全に使うためにまず大切なのは、日々のメンテナンスと使用前の点検よ。

食田マキコ

特に使用前には、圧力鍋が正常に使える状態であるかどうか、必ず確認してね。

 

・調圧弁は詰まっていないか
・パッキンはきちんとはまっているか(損傷はないか)
・蓋の留め具が緩んでいないか

 

食田マキコ

この3つは、必ずチェックして。

 

圧力鍋で調理してはいけない食材

食田マキコ

圧力鍋での調理に適さない食材、というのもあるから、気を付けてね。

 

例えば、圧力鍋NGの食材・料理には以下のようなものがあります。

 

○とろみ・粘りのある食材・調味料
カレーやシチュー、多量の油や酒など
○加熱により膨らむ食材
餅や練り製品(ちくわ・かまぼこ等)など
○加熱により量が増える食材
豆類など
○加熱により吹きこぼれやすい食材
パスタなどの麺類

 

これらはどれも調理中に調圧弁を内側から塞いでしまう可能性があるので、注意が必要です。

 

えりこ

調圧弁って何ですか?

食田マキコ

加熱している間、鍋内部の圧力はどんどん上がり続けるわけだけど、そうすると鍋が圧力に耐えきれずに破裂しちゃうのよ。

食田マキコ

そうならないために、一定の圧力になったら少しずつ圧力を逃して、内部の圧力を調節する働きをしているのが、調圧弁なの。

えりこ

じゃあ調圧弁が塞がれると、鍋が破裂してしまう可能性があるってことですね!?

食田マキコ

その通りよ。

だから例えば、カレーやシチューを作る場合にはルーを入れる手前までは圧力鍋、その後は蓋を閉めずに使うか、他の鍋に移し替えるといった工夫が必要ね。

食田マキコ

膨らみやすい、量が増える食材を使う時は、入れる量をできるだけ少なくする、とかね。

 

途中で蓋を開けるのはNG

食田マキコ

あと、圧力がまだ残っているのに無理やり蓋を開けるのは、絶対にダメよ。

 

圧力鍋は火を消した後でも、圧力が完全に抜けきるまでは、決して蓋を開けてはいけません

圧力が抜けるまでは蓋が開かないようになっているものがほとんどですが、無理やりにでも開けようとしてしまうと、開けたとたんに蓋がはじけ飛んでしまう危険があります。

きちんと圧力が下がりきるまで、待ちましょう。

 

えりこ

素早く圧力を下げたい時には、水をかけたりして「急冷」させたらいいって聞いたんですけど。

食田マキコ

確かにそういう方法もあるし、メーカーによっては説明書にも書いてあったりするんだけど、私的にはあまりおすすめしないわ。

えりこ

どうしてですか?

食田マキコ

急冷した時に中身が安全弁などから吹き出してしまうこともあるし、鍋が変形することもあるからよ。

食田マキコ

実際に圧力鍋を急冷した際に事故が起きたこともあるの。

えりこ

圧力が下がるまで、おとなしく待つのが一番ってことですね。

 

スポンサードサーチ

まとめ

あまり圧力鍋に慣れていない人だと、「なんか爆発しそうで怖い」と思ってしまう人も多いでしょう。

確かに圧力鍋は使い方を誤れば危険です。

しかし仕組みをきちんと理解して、気を付けるべきことに気を付けていれば、事故が起こることはまずありません。

 

えりこ

それじゃあ早速、使い方に気を付けながら、圧力鍋で角煮でも作ってみようと思います!

えりこ

えーっと確か圧力鍋は戸棚の奥にしまったはず…。

ゴソゴソ…

えりこ

あれ?なんか前はここにパーツがあったような気がするけど、気のせいだったかな?

えりこ

パッキンがなんか固い気がするけど、こんなもんだったっけ?

えりこ

まぁいっか。

よーし!それじゃあ早速…

食田マキコ

いいわけないでしょう!!!!!!

 

スポンサーリンク
lifemaをフォローする
とりびあライフ ~生活に+αの雑学を~
タイトルとURLをコピーしました