【カピバラは人間より速い】意外と速い動物たち

カピバラ,速い,動物 動物雑学
動物雑学

陸上で最も速い動物と言えば、チーターですよね。

その時速は最大120㎞にもなると言われており、人間の足とは比べ物にならないほどの速さです。

 

えりこ
えりこ

動物って、ほんと走るのが速いですよね。

えりこ

でも人間だって、さすがにチーターや馬なんかには敵わないですけど、生き物の中ではなかなかのもんじゃないですか?

山森シゲオ
山森シゲオ

それじゃ君は、どんな動物になら「確実に勝てる!」と断言できるかね?

えりこ

ナマケモノやカメには確実に勝てるし…カピバラとか、ボーっとしてそうな動物にも勝てると思います。

山森シゲオ

残念じゃが、人間はカピバラにすら勝てないぞ?

えりこ

え~、またまた御冗談を(笑)…

山森シゲオ

だって、カピバラは時速50㎞出せるんじゃぞ。

えりこ

時速50㎞!?ウソでしょ!!!???

 

スポンサードサーチ

人間の最高時速は約45㎞

山森シゲオ

まずな、人間はどのくらいの速さで走れるか知っておるか?

えりこ

そう言われると…具体的にどのくらいの速さなのか、よくわかりませんね。

 

現在(2019年)、人類の中で最も走るのが速いのは、男子100メートル走で金メダルを獲得したウサイン・ボルト選手。

彼が100メートル走を走った時のトップスピード(最高速度)は、時速約45㎞です。

平均速度だと、時速約38㎞

一般人の平均時速は20㎞程度と言われているので、彼が人類の中でも飛びぬけて速く走れることは間違いありません。

 

えりこ

人類最速の男と一般人とじゃ、かなりの差がありますけど…

それでも、やっぱり人間だってそれなりの速さじゃないですか!

えりこ

原付の制限速度よりも速いですよ。

山森シゲオ

じゃがな、そんな人類最速の脚をもってしても敵わないスピードを持つ動物は、意外にもたくさんいるんじゃよ。

 

スポンサードサーチ

人間より速い意外な動物たち

えりこ

まぁ、人間より速い動物がたくさんいるっていうのはわかりますよ。

えりこ

チーターや馬ももちろんそうですけど、犬や猫だって、人間よりも速いですもんね。

山森シゲオ

今回紹介するのは、速くて当たり前の動物じゃないぞ。

「こいつなら勝てる」と思わせておいて、じつは人間よりも速いという動物たちじゃ。

 

カピバラ【時速50㎞】

ずんぐりとした体に、ほぼ動かないのんびりとした性格。

動物園でも「癒し系」を担当するカピバラですが、本気を出すとどのくらい速く走れるか知っていますか?

なんと、カピバラの走る速度は時速50㎞

ウサイン・ボルト選手よりも速いんです。

 

えりこ

これ冒頭でも言ってましたけど、本当なんですか…?

えりこ

温泉に入ったりお昼寝したり、のんびりしているイメージが強いから、どうしても速く走る姿が想像できません…。

山森シゲオ

動物園にいるようなカピバラは、まず速く走る機会はないじゃろうな。

山森シゲオ

じゃが野生のカピバラは、天敵から逃げたり縄張り争いをしたりする時に、かなり俊敏に動くんじゃ。

えりこ

確かにカピバラには強力な武器があるわけでもないし…擬態したり隠れ家を作ったりするわけでもないし…速さくらいなけりゃ、危険すぎますね。

 

カバ【時速40㎞】

こちらものんびりとしたイメージの強いカバ

カバの移動と言えばのそのそと歩く姿が思い浮かびますが、カバは時速40㎞で走ると言われています。

トップクラスの陸上選手ならば襲われてもかろうじて逃げ切れるかもしれませんが、一般人だと追いつかれてしまいますね。

 

えりこ

私が追いかけられたら、確実にアウトじゃないですか!

山森シゲオ

カバはのんびりとした見かけによらず、かなり狂暴じゃからな。

車も無しに追いかけられるような状況になったら、かなり厳しいぞ。

えりこ

ま、万が一、カバに追いかけられたらどうしたらいいですか…。

山森シゲオ

カバはスピードはあるが小回りはきかんのじゃ。

じゃから素早くカバの背後に回るように走って、ちょうどカバが正反対を向いたタイミングで一目散に走り去ると良いぞ。

 

ワニ【時速50㎞】

えりこ

カバで思い浮かびましたけど、ワニも陸上では速そうなイメージはないですね。

えりこ

足も短いし、完全に「水中特化タイプ」じゃないですか。

山森シゲオ

じゃあ体形が系が似ている爬虫類、トカゲを思い浮かべてみるとどうじゃ?

トカゲって、ものすごく素早いと思わんかの…?

えりこ

た、確かに…まさかワニも…?

 

陸上だとそんなに速く動けるイメージがないワニですが、意外にも俊足で、一般的なワニでも時速20kmくらいで走ることができます。

足が遅い人だと、逃げ切るのは難しいかもしれません。

さらにワニの種類によっては時速50㎞ものスピードで走れるものもいると言われており、これだと金メダリストですら追いつかれてしまいます。

 

えりこ

こっっっわっ!!ワニこっっっわ!!!

えりこ

陸上でも水中でも、エンカウントしてしまった時点でアウトじゃないですか…。

山森シゲオ

しかしワニにも弱点はあっての。

あまり持久力がないし、簡単に食べられないと判断すると、あきらめて追いかけるのをやめるんじゃ。

山森シゲオ

じゃから、一直線に走って、ワニが諦めるまで逃げ続けることが大切じゃな。

 

ブタ【時速40㎞】

太っているとかノロマだとか、そんなイメージが強いブタ

しかしブタが本気を出せば、時速40㎞で走ることができます。

家畜として飼われているものはもう少し遅いようですが、野生のブタならそこら辺の一般人より、はるかに速いスピードです。

 

えりこ

豚って、力はありそうだけど、スピードはないイメージがありました。

山森シゲオ

豚は一般的なイメージよりも、かなりハイスペックなんじゃがの。

悪いイメージばかりがあって、可哀そうじゃ。

山森シゲオ

野生の豚は体脂肪率10%ほどで、人間で言えばトップアスリート並みの筋肉なんじゃぞ。

えりこ

わ、私の半分以下…

 

ウサギ【時速70㎞】

ウサギはジャンプ力や俊敏性ばかりに目が行きがちですが、じつは走るのもすごく速いんです。

一般的にペットで飼育されているような種類でも時速40㎞以上、野生のノウサギの場合は時速70㎞以上で走ることができるんですよ!

ノウサギに本気を出して逃げられてしまうと、もう人間では追いつくことは不可能。

 

えりこ

時速70㎞!?

自動車の制限速度よりも速いじゃないですか!!

えりこ

うさぎに遅いイメージがあったわけじゃないですけど、予想以上の速さです…。

山森シゲオ

ちなみに、そんなうさぎを狩るために改良されて生まれた「グレイハウンド」という犬も、これまた時速70㎞で走れるんじゃ。

 

スポンサードサーチ

まとめ

カピバラを筆頭に、どの動物も人間より速いのかと驚くばかり。

動物たちの能力を、侮ってはいけませんね。

 

えりこ

先生も、野生動物と出会った時には気を付けてくださいね。

えりこ

もう若くないんだし、きっと一瞬で追いつかれちゃいますよ。

山森シゲオ

大丈夫じゃよ。

ワシは動物の行動を熟知しておるし、何より鍛えておるからの。

えりこ

はいはい(笑)。

強がりはいいですから、本当にきをつけt…

山森シゲオ

…シュンッ!

えりこ

せ、先生が、一瞬にして消えた…!?

山森シゲオ

ワシのことも、侮ってもらっちゃ困るぞ。

えりこ

いつの間に背後に…!!!

 

スポンサーリンク
lifemaをフォローする
とりびあライフ ~生活に+αの雑学を~
タイトルとURLをコピーしました