黄身が白い卵!?色の違いはなぜ起きる

卵,黄身,白い 動物雑学
動物雑学

卵といえば、黄色い「黄身」が白い「白身」に包まれているのが普通ですよね。

しかし世の中には、「白い黄身」が存在するって知っていましたか?

 

えりこ
えりこ

白い黄身?そんなの見たことないですけど。

えりこ

ってか、白い黄身って…それはただの「白身」なのでは?

山森シゲオ
山森シゲオ

いやいや、ちゃーんと黄身が白い卵というのがあるんじゃよ。

えりこ

わかった!

一般人の口には入らないような、何か特別な品種の鶏の卵なんでしょ!?

山森シゲオ

それがな、普通に黄色い黄身の卵を産む鶏に、白い黄身の卵を産ませることができるんじゃ。

山森シゲオ

白い黄身の卵を産ませるためには、鶏に与える餌が大きく関係しておる。

 

スポンサードサーチ

黄身が白い卵の不思議

えりこ

餌が関係している…?

白い餌を食べたら白い黄身、黄色い餌を食べたら黄色い黄身、とかですか?

えりこ

いや、まさかそんなことはないですよね。

絵の具じゃあるまいし…。

山森シゲオ

いや、その通りじゃよ。

山森シゲオ

鶏は白い餌を食べると黄身が白い卵を産み、黄色い餌を食べると黄身が黄色い卵を産むんじゃ。

 

卵の黄身の色を決めるのは、食べたものの色素。

そのため、例えば米を餌にして育った鶏が生む卵は、黄身が白っぽくなるのです。

通常の卵の黄身が黄色いのは、トウモロコシを主食として与えられている鶏がほとんどだからです。

 

山森シゲオ

ちなみに、黄身の色が濃い鶏は、パプリカやマリーゴールドなど、色の濃いものを餌にしているんじゃぞ。

山森シゲオ

パプリカやマリーゴールドには、赤・黄・オレンジなどのカロテノイド系の色素がたくさん含まれているからな。

えりこ

色素の色が、そのまま卵に出るなんて…不思議ですね。

山森シゲオ

脂溶性の着色料を餌に混ぜれば、黄身が黒や青をした卵を作ることもできると言われておるな。

えりこ

すごいですけど、それは食指が全く動かないですね…。

 

黄身の色と栄養価の違い

えりこ

黄身の色が濃い方が、栄養もたくさんあるんですよね?

えりこ

ってことは、パプリカなんかを餌にしている鶏の卵のほうが、栄養価が高いってことですか?

山森シゲオ

多くの人が勘違いしてるんじゃがの~…

黄身の色と栄養には、何の関係もないぞ

 

黄身が濃い=栄養価が高いと思われがちですが、じつは黄身の色と栄養価には、なんの関係もありません。

あくまでも色素の違いで色が変わっているだけなので、色が濃いから栄養もある、というわけではないんです

 

山森シゲオ

ちなみに、殻の茶色い卵も栄養があると思われがちじゃが、白い卵と栄養価は変わらないんじゃよ。

えりこ

うそっ!?

でも茶色い卵の方が、値段も高いし、「栄養満点!」ってキャッチコピーで売られてたりしますけど…。

山森シゲオ

卵の殻の色は、茶色い鶏から茶色い卵、白い鶏から白い卵が産まれる、ただそれだけなんじゃ。

山森シゲオ

まぁ実際に茶色い品種で、白い品種よりも手間をかけて育てられているものもあるから、茶色くて栄養価が高い卵というのもちゃんとあるがの。

えりこ

単純に「茶色い卵=栄養満点」って考えるのは、ダメってことですね…。

 

スポンサードサーチ

まとめ

卵の黄身の色は、餌の色によって大きく左右されることがわかりました。

つまり、「黄身の色が濃くて濃厚!」っていうのは、ただの思い込みだった…ということですね。

 

山森シゲオ

あとな、じつはフラミンゴの羽がピンクなのも、鮭の身がオレンジなのも、カロテノイドによるものじゃよ。

山森シゲオ

エビなどをよく食べるから、その色素が体の色に反映されているんじゃ。

えりこ

えっ!?

じゃあ本来フラミンゴや鮭って、違う色なんですか!?

山森シゲオ

フラミンゴも鮭も、別の餌を食べると白っぽい色になるんじゃぞ。

えりこ

あっ!じゃあもしかして、みかんを食べると手が黄色くなるのも、同じことですか!?

山森シゲオ

それはただ、皮をむくときに手に色素が付着しているだけじゃな。

食べなくても、黄色くなるぞ。

えりこ

そうですか…。

 

スポンサーリンク
lifemaをフォローする
とりびあライフ ~生活に+αの雑学を~
タイトルとURLをコピーしました