クッキーとビスケットの違い

クッキー,ビスケット,違い 食べ物雑学
食べ物雑学

小麦粉やバターを主材料として作られたサクサクの焼き菓子と言えば…「クッキー」「ビスケット」ですよね。

どちらも材料や見た目に大きな違いはないので、

 

「クッキーとビスケットって何が違うんだろう?」

 

と疑問に思っている人も多いでしょう。

 

えりこ
えりこ

確かに、クッキーもビスケットも、見た目じゃ全く違いがわからないですね…。

えりこ

なんとなくですけど、縁が波のような形になっているのが、ビスケットってイメージがあります。

食田マキコ
食田マキコ

クッキーとビスケットの違いは、見た目じゃないわよ。

食田マキコ

クッキーとビスケットの違いは、使われている材料の配合の違いなの。

えりこ

えっ!?

味に違いなんて無いように思えるんですけど…。

 

スポンサードサーチ

クッキーとビスケットの違い

食田マキコ

じつは、元々はクッキーもビスケットも、全く同じものだったのよ。

えりこ

なんで同じものなのに、わざわざ違う呼び方に…?

食田マキコ

その理由は、日本におけるビスケットとクッキーの歴史を紐解いていけばわかるわ。

 

クッキーとビスケットの変遷

クッキーとビスケットは、どちらも小麦粉・バター・卵・砂糖などを材料として作られた焼き菓子のことを指します。

そして戦前までの日本では、そういった焼き菓子のことは総じてビスケットと呼んでおり、クッキーと呼ぶことはありませんでした。

 

食田マキコ

ただし昔のビスケットというのは、今のように美味しいおやつとしてではなく、保存食としての役割が強かったの。

食田マキコ

味や栄養は二の次で、「安く買えて(作れて)とにかく日持ちがする」というのが、ビスケットという食べ物だったのね。

 

それが戦後になると、従来のビスケットとは違い、バターや砂糖をたっぷりと使った高級なビスケットが作られるようになっていきます。

 

食田マキコ

でも見た目に大きな違いがない以上、「これは美味しいビスケットですよ」と言って売っても、「ただの保存食でしょ?」と思われちゃうわよね。

えりこ

逆に高級なほうのビスケットだと思って高いお金出して買ったら、中身は今までと同じで「騙された!」ってのもありそうですよね。

食田マキコ

そこで従来のビスケットと高級なビスケットをはっきりと区別するために、バターや砂糖たっぷりのビスケットのことを「クッキー」と呼び分けるようになったのよ。

えりこ

クッキーって、今ではお手軽なおやつって感じですけど、かつては高級品だったんですねぇ…。

食田マキコ

今は乳製品が高い高いと言われつつも、バターひと箱300~400円くらいよね。

食田マキコ

昭和30年代なんて、今の価値に換算すると、ひと箱1000円以上もしていたのよ。

えりこ

そりゃ庶民には手が出せない、セレブな食べ物になりますね…!

 

全国ビスケット協会によるクッキーとビスケットの違い

えりこ

でも安価だとビスケット、高級だとクッキーって区別は、けっこう曖昧ですよねぇ。

えりこ

作った人の判断次第ってことになるんですか?

食田マキコ

各家庭や個人のお店で作る場合はそうね。

だけど大手お菓子メーカーの場合は、はっきりとした基準が決まっているわ。

 

安価だとビスケット、高級だとクッキーというのはとても曖昧な区別ですが、これをはっきりと区別する決まりを作っている団体があります。

それが全国ビスケット協会。

全国ビスケット協会によると…

 

・糖分や油分が多め(40%以上)で手作り風のもの
クッキー
・糖分や油分が少なめ(40%未満)
ビスケット

 

というふうに定められています。

 

食田マキコ

大手お菓子メーカーのほとんどは、全国ビスケット協会に加盟しているからね。

食田マキコ

市販のお菓子のほとんどは、この基準に沿って区別されているの。

えりこ

今まで全く気にしたことがなかったですけど、そんな区別がされていたんですね。

 

サブレとの違い

えりこ

クッキーやビスケットとよく似たお菓子に、「サブレ」ってありますよね。

えりこ

サブレと、クッキーやビスケットとは何か違うんですか?

食田マキコ

サブレの特徴は、クッキーやビスケットよりもショートニングやバターの割合が多く、ベーキングパウダーが使われていないってところね。

食田マキコ

だからクッキーやビスケットに比べて、サクサクとした軽い食感になっているの。

 

「バターが多い=脂肪分が多いからクッキーなのでは?」

と思われるかもしれませんが、ビスケットやクッキーにはベーキングパウダーが使われているのに対し、サブレにはベーキングパウダーが使われていないのが大きな違いです。

 

スポンサードサーチ

国によるクッキーとビスケットの違い

日本におけるクッキーとビスケットの違いをまとめると、

 

・基本的にクッキーもビスケットも同じものを指す
・ただし菓子業界においては油分・糖分40%が分かれ目となって区別される

 

というのが現状です。

しかし海外でも全く同じなのかと言えば、そうではありません。

 

アメリカではすべて「クッキー」

食田マキコ

例えばアメリカの場合だと、ビスケットのようなお菓子のことは全てクッキーと呼ぶのよ。

えりこ

じゃあ、アメリカにはビスケットという食べ物は無いってことですか?

食田マキコ

アメリカでは、ビスケットと言えば、クッキーよりも柔らかくてパンに近いもののことをそう呼ぶの。

 

・日本でクッキーやビスケットと呼んでいるもの
すべてクッキー
・クッキーやビスケットよりも柔らかくパンに近いもの
ビスケット

 

えりこ

クッキーよりも柔らかくて、パンに近いもの…

あまり想像がつきませんね。

ビスケット(アメリカ)
食田マキコ

こういうやつよ。

食田マキコ

ケンタッキーのサイドメニューにも、「ビスケット」ってあるでしょ。

えりこ

あっ!あのスコーンみたいなやつ!!

食田マキコ

あれがアメリカでの「ビスケット」なの。

えりこ

ケンタッキーのビスケット、「なんでビスケットって名前なんだろう?」って、ずっと疑問でした…。

 

イギリスではすべて「ビスケット」

食田マキコ

アメリカとは逆に、イギリスではクッキーやビスケットのような焼き菓子は、すべてビスケットと呼ばれているわ。

えりこ

じゃあアメリカで言うビスケットが、イギリスではクッキーって呼ばれてるんですか?

食田マキコ

イギリスにはクッキーという食べ物…というか、クッキーという言葉自体がないのよ。

 

・日本でクッキーやビスケットと呼んでいるもの
すべてビスケット
・クッキーやビスケットよりも柔らかくパンに近いもの
スコーン
食田マキコ

アメリカでいうビスケットは、イギリスでは「スコーン」ね。

えりこ

国によって、ビスケットやクッキーが何を指すかは全然違うんですね。

 

フランスではすべて「サブレ」

えりこ

フランスではクッキーとビスケット、どうやって呼び分けているのかな。

食田マキコ

フランスでは、クッキーやビスケットのような焼き菓子は、すべてサブレと呼ばれているわ。

 

・日本でクッキーやビスケットと呼んでいるもの
すべてサブレ
えりこ

これまた日本と違うんですね!

えりこ

国によって、ここまで呼び方や定義が異なる食べ物って、他にないんじゃないでしょうか…。

 

スポンサードサーチ

まとめ

クッキーとビスケット、なんとなく呼び分けているだけかなと思っていましたが、日本のお菓子メーカーでははっきりとした定義があったんですね。

今度市販のクッキーやビスケットを購入する時は、「クッキー」と名前がついているものと、「ビスケット」と名前がついているもので、食べ比べをしてみても面白いですよ。

 

スポンサーリンク
lifemaをフォローする
とりびあライフ ~生活に+αの雑学を~
タイトルとURLをコピーしました